地図の発行年数を探る

普通地図には発行年があると思うけど、どこを探しても見当たらない。
発行元やらタイトルやらで検索してもヒットしません。



そうなると、いつの頃のものなのか気になってしまいます。
自分の記憶と重ねてみましたが、知ってることより知らないことのほうが多く入り混じっているのかもしれません。
想像では昭和20年代後半から30年代前半の地図かなとは思いますが、約半世紀程前の旭川と書くと遠い昔の地図。

今もそのままの場所に現存する建物や、現存しているものの移転した学校や会社など。
さらに現在は消失したものなど、見てるだけでも楽しいのですが…。

13042003.jpg

たとえば、「旭川バス」。
昭和初期から30年代まで路面電車を運行していた「旭川市街軌道」が、その後旭川バスというバス会社として存続していました。
1968年4月に旭川電気軌道に吸収合併されて消滅しました。
現在は旭川トヨタ自動車株式会社の場所です。

13042002.jpg

「上川郡 神楽町」も、1968年(昭和43年)3月1日 神楽町が旭川市に編入されて、旭川市神楽町。
これで少なくとも、1968年(昭和43年)より以前の地図ということになりますね。

地形や道路も、今とはかなり違いますが、それらがいつ変わったものなのかの資料は持ち合わせていませんので、有名なロータリーを。
改修前の形です。1950年に北海道開発大博覧会が開催された時に、ロータリーの中心部に鉄塔が建設され、その後1956年に師団線全線廃止に伴い鉄塔は解体されました。
地図上ではそれらしい四角もありますが、鉄塔が建っているかどうかは不明です。

13042004.jpg

ということは、やはり建物を手掛かりとして調べた方が間違いないようです。

ふと目についたのが、金星橋のたもと護国神社近くにある「慈恵院」の文字です。
何か分からないので調べてみましたが、現在春光台にある「養護老人ホーム 緑風苑」の前身だと判りました。
緑風苑の開設は、昭和49年10月7日。(名称を慈恵院から緑風苑に改称)
昭和6年養老院として宮下1丁目に創設、昭和23年慈恵院と命名、入所定員40人となる。昭和28年花咲町1丁目に新築移転。

これで、1953年(昭和28年)から1968年(昭和43年)間の地図と言えますね。

13042004.jpg

自分も入院したことのある「森山病院」がすでに地図にあります。
そんな古くからあったのかと思い調べると、1961年(昭和36年)旭川初の大型ビルディング病院として新築移転とありました。

これで、1961年(昭和36年)以降の地図であることになります。

さらに、「旭川郵便局」も、1961年(昭和36年)12月18日 旭川市四条通九丁目から同市六条通九丁目に移転とあります。
年末の移転が地図に掲載されていることを考えると、1962年(昭和37年)から以降になります。

面白いのは「NHK旭川放送局」は、1964年(昭和39年)3月1日に、現・旭川放送会館が落成ですが、地図では(予定)となっています。

地図を作製する調査をしたと思いますが、建物は落成前としても建築中だったのか、更地の状態で予定地だったのか…。
何れにしても、1962年(昭和37年)か1963年(昭和38年)の地図であると言えるのではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2013, 04. 21 [Sun] 23:22

キッコーニホンは、昭和19年に日本清酒㈱旭川工場が転廃に指定され、醤油醸造業の製造が始まります。

大町の塩野谷酒造も、キッコーニホンも地図には何もありません。

ちなみに高砂酒造は小桧山酒造とありました。

Edit | Reply | 

ひめ  2013, 04. 21 [Sun] 16:55

素晴らしい!!

     あずさんの考察力に‥…v-424v-424v-424

   2枚目のカット、旭川赤十字の下にキッコーニホンの文字、、在るのでしょうか?!
 

Edit | Reply |