トチナイソウ

ブログ内検索してみると、アップしてなかった?



サクラソウ科 (Primulaceae) は北半球の暖帯から寒帯を中心に広く分布する被子植物の科で、世界に28属約1000種があるそうで、その属の一つがトチナイソウ属(Androsace)です。

夏の高温には弱く栽培は難しい種類だと思います。
プロにも売れ筋ではあるものの、供給が少なく増やしてほしいと言われたことがあります。

13051802.jpg

トチナイソウは、高山帯の乾いた岩場や砂礫地に生え、北海道、岩手県(早池峰山)、アジア北部、ヨーロッパ東部、北米北部に分布し、高さ3~5㎝。

13051803.jpg

花期は自生地で7~8月、栽培では5~6月に開花。
和名は、千島で本種を最初に採取した栃内壬五郎氏にちなんだ名です。

花の特徴としては、茎先に数輪の白い小さな5弁花をつけ、花の色は桃色に変化します。

13051804.jpg

↓これは今日の自宅庭のトチナイソウです。

13051805.jpg

去年、栽培方法を変えて記録的な暑さとなった夏越しが上手く行ったようです。

同じトチナイソウ属のアンドロサケ・カルネア。

学名 Androsace carnea
分布 アルプス山脈・ピレネー山脈
生育地 山地・高山の湿った岩場
植物のタイプ 多年草
大きさ 高さ 5~15センチ

13051806.jpg

これも今日のお姿ですが、花が咲いていました。

トチナイソウのイメージが出来たかな?


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 4

あず  2015, 12. 03 [Thu] 21:16

No title

ヤマクサ 様

コメントありがとうございます。

「冷温庫の導入も検討しています…」とのことで…。
そこまでできる方ならば、「トチナイソウ」は楽勝です。

逆に北海道の露地栽培では不可能な栽培も出来ますよ。
コマクサが一年草のような育ち方は、北海道では無理ですからね。

環境が整えば、我が家の植物たちも試験栽培してみてくださいね。(笑)

Edit | Reply | 

ヤマクサ  2015, 12. 02 [Wed] 23:30

ご返信ありがとうございます。

梅雨と夏の暑さですか…
一応遮光などは行っているのですが
やはり難しいですね

ご指摘に通り冷温庫の導入も検討しています

頑張ってみます!!

Edit | Reply | 

あず  2015, 11. 26 [Thu] 22:54

No title

ヤマクサ 様

まずは冬を越せる準備があるのか。
梅雨と夏の暑さをクリアできるのか。

ヤマクサ様の栽培環境が何も判らないので、アドバイスのしようがありませんが…。

関東在住のお友達と、ダメでもともとの試験栽培(高山植物や山野草、ラベンダーやその他もろもろ…)をしています。

温度管理のできる施設があれば別ですが、露地栽培ではかなり難しいかと思いますよ。

北海道と関東では、冬の環境が全く違うので、花を見られるだけで大成功だと思います。

「トチナイソウ」とは、そんな気持ちで向き合っていただければと…。

Edit | Reply | 

ヤマクサ  2015, 11. 25 [Wed] 15:49

こんにちは!
自分は山野草栽培に近頃興味を持ちまして、先日入手したトチナイソウの栽培方法を探していたところ、こちらのブログを見つけた次第です。

私は関東の平野部に住んでおりまして、例年草花の夏越しが大きなネックになっております。そこで、お伺いしたいのですが、「去年、栽培方法を変えて記録的な暑さとなった夏越しが上手く行ったようです。」と仰っておりましたが、是非その方法をお教え願えないでしょうか?
よろしくお願いします。

Edit | Reply |