万字線 旭日駅

過去記事あります。
万字線 朝日駅 :: 2011/10/15(Sat)



万字炭鉱から産出される石炭の積み出しのため軽便鉄道法に則って建設され、万字軽便線(まんじけいべんせん)として1914年(大正3年)に全線が開業。
万字線の開通は沿線の開発を促進し、美流渡炭鉱や朝日炭鉱など多くの炭鉱が生まれ、石炭輸送で大いに活況を呈することとなった。
しかし第二次世界大戦以降のエネルギー革命の中、炭鉱の閉山により次第に寂れ1978年(昭和53年)には貨物営業を廃止。

1980年に国鉄再建法が成立すると第1次特定地方交通線に指定され、1985年に廃止された。
全ての旅客列車は、旅客営業開始当初の大正時代と、それ以後は臨時列車を除いて、志文駅の隣にある室蘭本線の岩見沢駅を起点として運転されていた。

1914年(大正3年)11月11日 志文 - 万字炭山間 (23.8km) を開業。上志文駅・美流渡駅・万字駅・(貨)万字炭山駅を新設。
1919年(大正8年)11月11日 朝日駅を新設。
1922年(大正11年)9月2日 万字線と改称。
1924年(大正13年)9月1日 万字 - 万字炭山間の旅客営業を開始。
1978年(昭和53年)5月1日 貨物営業廃止。
1981年(昭和56年)9月18日 第1次特定地方交通線として廃止承認。
1985年(昭和60年)4月1日 全線廃止。北海道中央バスに転換。

所在地 北海道岩見沢市朝日町

この駅裏には朝日炭鉱があったことが分かった。
それは「万字線鉄道資料館」に寄ったから。

13072615.jpg   13072616.jpg

こんなSLの姿を見たかったなぁ~と思いつつ…。
現在の朝日駅を。。。

13072602.jpg   13072603.jpg

朝日駅は万字線鉄道公園としてきれいに整備されています。
※蜘蛛の巣くらいはご愛嬌。

13072604.jpg   13072605.jpg   13072606.jpg

屋根付きなので傷みも軽減されているようです。

13072607.jpg   13072608.jpg

機関車の運転席にも入ることができます。
これって案外地域差がありますね。

13072609.jpg   13072610.jpg

ホーム側からの駅舎です。
当時は多くの人々が行き交ったのでしょうね。

13072611.jpg

尋ねる人も多くはないと思います。
ひっそりとのんびりと、余生を送っている風情の空間があります。

13072612.jpg   13072613.jpg   13072614.jpg


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0