旧三井芦別鉄道炭山川橋梁

13082501.jpg

過去記事に、「旧三井芦別鉄道炭山川橋梁 :: 2011/10/21(Fri)」あります。

芦別の炭鉱の特徴は、中空知地方と同じように財閥系の炭鉱が多数あったことです。。
芦別五山(三菱芦別炭鉱、三井芦別炭鉱、油谷鉱業、高根炭鉱、明治鉱業)といわれた鉱山群が芦別にありました。

エリアとしては…。

空知川上流の上芦別に三菱芦別炭鉱。明治鉱業。
空知川支流芦別川沿いの頼城町付近に三井芦別炭鉱。
市街地の東側、空知川対岸の谷あいに油谷鉱業。
市街地の西側、空知川下流に高根炭鉱。

その略歴は…。

1920年 三菱合資会社(後の三菱芦別炭鉱、三菱鉱業の前身)が石炭産業に参入。
1933年 三菱芦別炭鉱が休山。
1943年 三井芦別炭鉱が操業開始。
1947年 三菱芦別炭鉱が出炭を再開。
1963年 明治炭鉱が閉山。
1964年 三菱芦別炭鉱が閉山。
1965年 油谷炭鉱閉山。
1967年 高根炭鉱が閉山。
1992年 三井芦別炭鉱が閉山。

まさに略歴で、炭鉱の歴史はそんな簡単なものではありません。
全国的には、個人や会社を含め最盛期には800以上の炭鉱があったそうです。
それらが淘汰され、最終的には大手の財閥系となり、黒いダイヤと言われた石炭産業は終焉を迎えます。

現在では、坑道掘りとしては太平洋炭礦を引き継いだ釧路コールマイン以外すべてが閉山。
露天掘りでは、砂子組が砂子炭坑三笠露天掘坑(三笠市奔別鳥居沢町)で採掘し北海道電力へ納入しているなど、数社が露天掘りをしているだけです。
※奈井江・砂川の北電火力発電所の燃料は石炭です。

13082502.jpg 13082503.jpg 13082504.jpg

YouTubeに…。
さようなら三井芦別鉄道   三井芦別鉄道 がありました。当時の風景が見られます。

覚撮

13082505.jpg


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0