PRINSESA MAGANDA



留萌から小平方面に北上し、三泊付近で撮りました。
普段、船なんて興味はあっても見る機会も無いので大きな船を見ると何となくワクワク。

13090402.jpg   13090403.jpg

すごい量の石炭を降ろしていました。

13090404.jpg   13090405.jpg

とりあえず船名らしきもので検索してみると、お~出てくるものですね。

船舶詳細情報
船舶種別: Bulk carrier
建造年: 2012
全長 x 巾: 169 m X 27 m
総トン数: 17019, 載貨重量トン: 28361 t
速力レコード(最大/平均): 14.1 / 12.2 knots
船籍国: Philippines [PH]
呼出符号: DUDW
IMO: 9605059, MMSI: 548853000

とか…。

船籍国: Philippines
船舶種別: 貨物船
運用状況: 航海中
速力/針路: 10.8 kn / 336˚
全長 x 巾: 169 m X 27 m
吃水: 5.6 m
目的地: >RU VNN

とか…。

船名 PRINSESA MAGANDA (ハンディーバルカー)
フィリッピンのASIA BULK TRANSPORTがオーナーでオペレーターが韓国のSKM KOREA Co,
建造所が今治の 「あいえす造船」さんです。今年竣工の新造船でした。

総屯数     17,019屯
重量屯数    28,361屯
全長       169.37M
幅         27.20M
深さ        13.60M
吃水        9.82M(満載)
速力        16.1K’t(試運転)
機関出力     5,850KW
建造所       あいえす造船(#A025)
竣工年       20.Feb.2012年
船籍        フィリッピン
コールサイン   DUDW
IMO No. 9605059

…とかね。
帰り道に見てみると、ちょうど出航したところでした。

13090406.jpg   13090407.jpg

大きな船が動いているだけで感動。
ちょうどイカ釣り用の漁船でしょうか、交差していきました。

13090408.jpg   13090409.jpg

どこまで行くのだろう…。
心は子供の頃に戻ってしまいます。

13090410.jpg   13090411.jpg

面白いのは、この船が今どこを航海しているかなんて判るサイトがありました。
「ライブ船舶マップ -AIS- 船舶動静ならびに船舶位置」

最新位置受信日時
海域: Okhotsk Sea
緯度/経度: 48.9566° / 140.5648° (Map)
速力/針路 11.2 knots / 337˚
前港: VANINO
最新情報受信日時: 0d 0h 0min 前 (AIS情報源: 1)

現在の航跡
風: 9 knots, 33°, 16°C

航海関連情報(最新情報)
吃水: 5.6 m
目的地: >RU VNN
入港予定日時: 2013-09-04 22:30
最新情報受信日時: 2013-09-04 09:50 (0d, 0h 8min 前)

一昨日見た船が、ここまで航行しているなんて意味もなく感動。
でも、船ってなぜか感傷的になっちゃうのが…。
自分が生まれる前年に亡くなったジイチャンが、外国航路の船乗りだったことを思い出しました。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2013, 09. 05 [Thu] 23:45

■ 根保孝栄・石塚邦男 様

定点観測ってそれだけで素晴らしい歴史ですよね。
港や船なんて、内陸の旭川では見られない風景です。

Edit | Reply | 

根保孝栄・石塚邦男  2013, 09. 05 [Thu] 21:50

時代と共に各種の船

私は苫小牧市に住んでますが、ご承知のように苫小牧港は日本初の掘り込み式の人造港。
掘り込みを開始した昭和25年から、工事の様子見て育ちました。昭和40年代から平成にかけて、苫小牧西港の完成、ひきつつき東港着工から今日まで、その歩みをつぶさに見て来ました。

各種の船が入港し、時代の流行り廃れも見てきました。

Edit | Reply |