留萌で海鮮丼 ~丸喜~

13091511.jpg



留萌の寿司屋とかでネット検索すると「蛇の目寿司」が良くヒットしますが、宜しくない書き込みもありますね。しかし、個人的にはこんな口コミサイト的な類は参考にはしても一切信用しません。
それはその人の感覚であって、美味いか不味いかの判断を他人の意見に左右されたくもないからです。忙しい時期に来店し、待たされたなんてマイナスなご意見は愚の骨頂です。

そもそも、この時代においてネットで調べればある程度の情報は知ることができますが、それは団体ツアーみたいなものです。決められたレールの上だけの限定された中での楽しみであって、何があるか分からない「旅」とは全く違うものです。

そんな旅が正解だったかどうかは答えがありませんが、楽しい思い出が残ります。たとえ大失敗したとその時に思っても、それはそれで後で大笑いできるかもしれません。

さて、今回の「留萌で海鮮丼ツアー」も後付で、正確には「留萌に行ったらお腹が空いたので何かを食べようツアー」が正解です。で、前出の 「留萌」 にある観光案内所に出会い、たまたま勘を頼りに選んだお店ですが、結果的には良かったなぁ~になります。



ちなみに、 「留萌寿司商組合」 のホームページがありました。行く前に調べておけって感じですけど…。「留萌管内手書きまっぷ」を参考にたどり着いたのが「丸喜」さん。結果的には上記の組合の中では一番好みのお店でした。

13091502.jpg   13091503.jpg

お店は込んでいたので、時間のかかりそうなお膳は却下し…。まずはやっぱりこれ。

13091504.jpg

ついでにこれ。「タコザンギ」。

13091505.jpg

板前では大将が手際よく「丼もの」などを捌いていきます。もちろん女将さんも目が行き届き、ビールもすぐに出てきます。厨房も手際が良いようで、「タコザンギ」もすぐに出てきました。これがまたさすがに旨い。頭と足のコラボ系です。(※光源が複雑で色再現がイマイチ…)

13091506.jpg

さて注文の品ですが、「スペシャル海鮮丼」は憶えていたものの、あれ?この白いの何だっけ?? ん~~と記憶の糸をたどって…。

そうそうメニューを見てもピンと来なかったのは、イカの良いのが入ってたんだ。大将のお勧めで特別に「ホタテと生うにの二色丼」にイカを足して三色丼にしてもらったんだ!(雲丹不足の意味もあってなのか?だけど…それはそれで他の多くのお客さんがウニを楽しめるということ…)

13091507.jpg

本当はもっと旨そうな色ですよ。

13091508.jpg   13091509.jpg

パッと見、ほどほどの量かな?な「スペシャル海鮮丼」ですが、あれやこれやのてんこ盛りで、まだ隠れているものがあります。たしか全部で15種類だったか…。エビ頭で出汁をとった味噌汁が増毛のより上品さがあって好みでした。

13091510.jpg   13091511.jpg

ビールにタコザンギ、もう最後にはお腹パンパンでした。

「ひと夏にいくつも海鮮丼やタコザンギ食ったなぁ~」

こんな些細な出来事も旅の思い出として、大袈裟に言うと生涯の一ページになるのでしょう。

13091512.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0