増毛 「増毛町総合交流促進施設 元陣屋」

この総合交流促進施設元陣屋は、平成8年に増毛町が建設した文化交流施設ということで、何回か見たいと思って寄ったことがありましたが今回が初訪問です。



館内には郷土資料室、図書室、会議室や多目的ギャラリーなどを備え、町内外の方に生涯学習・文化発信の場を提供しています。
また、郷土資料室では、幕末に秋田藩によって元陣屋が築かれ北方警備の拠点として機能した増毛町の歴史を学ぶことができます。

名称:増毛町総合交流促進施設 元陣屋(もとじんや)
住所:北海道増毛郡増毛町永寿町4丁目49番地
電話:0164-53-3522/ファックス:0164-53-3523

・開館時間
 午前9時~午後5時
・休館日
 毎週木曜日
※木曜日が祝日の場合はその前日

・料金(展示室)
大人・大学生 400円
高校生    300円
小・中学生  200円
※10名様以上は団体料金でそれぞれ100円引きとなります。 …とのことです。

130915002.jpg   130915003.jpg

さぁ~いよいよ初体験のはじまりです。
図書館のカウンターのような場所で受付をして、ビデオを見るかどうかと…。
もちろん見るのですが、暑かったのと満腹感の持続で集中力も無くやや眠くなってしまいました。

130915004.jpg   130915005.jpg

かなり良い雰囲気が再現されています。
しかぁ~し!武士の会話を再現させるための仕掛けが少々怖い。その仕組みは現地で確認していただくとして、小さな子供にとっては変なトラウマになるのは必至かと…。

130915006.jpg

展示は元陣屋の頃の時代の数々…。

130915007.jpg   130915008.jpg

増毛の歴史として、郷土資料館的な資料。

130915010.jpg

大好きなジオラマも数種類。
これは増毛場所の風景を再現しています。

130915011.jpg 

もちろん縄文期の遺跡関連も…。

130915012.jpg

そして、ニシンに関する資料もそれなりに充実しています。

130915013.jpg   130915014.jpg

130915015.jpg   130915016.jpg

近代の増毛に関する資料も数多くあります。じっくり見ると数時間は楽しめることでしょう。

130915017.jpg

ちなみに、暑寒別橋の近くに秋田藩増毛元陣屋第二台場跡があるそうで、安政4年(1857)5月に古茶内三吉神社岬台地に和製大砲二門の砲塁を築き、見張台・狼煙台を設けたそうです。大砲のレプリカもあるそうで、次回増毛へ寄る際にはぜひ訪問してみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0