留萌本線 ~北秩父別駅(きたちっぷべつえき)~



1956年(昭和31年)7月1日 国鉄留萠本線の秩父別駅-石狩沼田駅間に北秩父別仮乗降場として新設開業。
1987年(昭和62年)4月1日 国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。同時に駅に昇格。北秩父別駅となる。

単式ホーム1面1線を有する転轍機(ポイント)を持たない棒線駅で、開業時から無人駅で駅舎は無くホーム中央部分に待合所があります。

13100102.jpg

ホームは木製デッキ式で、深川方面にスロープがあります。

13100103.jpg   13100104.jpg

木造の建物で外壁も板張り。手書きの駅名標がレトロ感を醸し出しています。もちろんトイレなんかはありません。

13100105.jpg

留萌方面

13100106.jpg   

深川方面

13100107.jpg

待合所の中はとても簡素。

13100108.jpg   13100109.jpg

駅ノートもありました。

13100111.jpg

点灯するのか判らないけど、ひとつで外と中を照らす仕組み。なぁ~るほどねぇ~。

13100112.jpg

駅前は畑の真ん中…。人家すら疎らです。
1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は2人とか…。

13100113.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0