写ってはいけないもの…



シトシトと雨が降ってきました。

13100308.jpg

現在の上川町は、1924年(大正13年)に上川郡愛別村(現愛別町)から分村したのですが、鉄道開通は前年の1923年(大正12年)11月15日です。

大正10年頃、国鉄側は当初「石狩留辺志部」駅と計画していたそうですが、すでに字は違うものの読みが同じ留辺蘂駅(ルベシベエキ)がありました。地元での検討結果は、石狩川の上流であることから上川村及び上川駅とする案が決定し、国鉄側もそれに従ったとのことです。

この碑に刻まれた、「留志辺尋常小学校跡」の文字。微妙に違うわけですが、経緯は判りません。

13100309.jpg

右側にも石碑がありました。石碑があるということは石碑を建てる意味があるからであって、人々の想いが詰まっているのだと思います。

13100310.jpg

さて、ここからが本題なのですが、同じ場所から数枚撮ったカットの一部です。データはまったく同じ時刻(分単位)でした。

13100311.jpg   13100312.jpg

13100313.jpg   13100314.jpg

その中の一枚に、何やら写っています。
建物の入り口に、黒いモヤのようなものが…。

画像をクリックしますと大きな画像になりますので、苦手な方はご遠慮いただければと…。


そんなことは気にしないという方には、トリミングした画像も下の方に用意してあります。














13100315.jpg

子供を抱いた女性のように想えるのだが…。。。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0