国際宇宙ステーション

10月10日は五日の月が見えていた。
どこかで撮りたいなと思っていたら、たまたまラジオからの情報で、人工衛星が良く見えると…。



6時を少し過ぎた頃、南の空に光が見えた。
三脚も使わずに撮る被写体ではないけど、とりあえず…。

帰宅後に、Wikipediaで調べてみた。
「国際宇宙ステーション」(International Space Station、略称:ISS)は、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関(ESA)が協力して建設を進めている宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用したさまざまな研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。

1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカにより2020年までの延長が検討されている。運用終了までに要する費用は1540億USドルと見積もられている。

…ということで、研究その他は別として、約90分で世界一周と言いますか、地球一周の旅を楽しめると考えるだけでもすごいことです。

ま、我々一般庶民が乗れる代物ではありませんが…。

ISS_on_20_August_2001.jpg

STS-134_International_Space_Station_after_undocking.jpg @Wikipedia

ちなみに…。
「人工衛星観測ナビゲータ」
JAXA|国際宇宙ステーションと「きぼう」日本実験棟

興味のある方は参考にしてください。より興味が深まるかと…。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0