鶴沼ワイナリー vol.2

正確には、畑での栽培のみで醸造を行っていないところは「ヴィンヤード」というらしいのですが、「北海道ワイン株式会社」のウェブページでも、ここが北海道ワイン株式会社の誇る自社農園「鶴沼ワイナリー」です。とされていますし、ワインショップで試飲もできるので厳格に区別するほどのことはないのかもしれません。

   13101905.jpg

ワイン以外にもブドウ関連の飲み物があります。

13101911.jpg   13101904.jpg

「鶴沼シリーズ」の一部です。

13101906.jpg

↑・「鶴沼シリーズ」2011鶴沼ミュラー・トゥルガウ【限定数終了】
  [白・辛口 アルコール度数11.5% 720ml ¥1,964(税込み)

13101907.jpg

↑・2010鶴沼ツヴァイゲルト・レーベ【限定数終了】
・2006木樽熟成 ツヴァイゲルト・レーベ[赤/辛口 アルコール度数11.5%]720ml ¥3,150(税込み)

13101908.jpg 

↑北海道ツヴァイゲルト [赤/ミディアムボディ アルコール度数11.5%] 720ml ¥1,365(税込み)

13101909.jpg   13101910.jpg  

↑・2006Vintageピノノワール【限定数終了】[赤・辛口 アルコール度数11.5%] 720ml ¥2,801(税込み) 


JAPAN WINE COMPETITION 国産ワインコンクール
「鶴沼シリーズの受賞歴」

金賞受賞
鶴沼トラミーナ(2007)

銀賞受賞
鶴沼トラミーナ(2010, 2004, 2003)
鶴沼ウィンターハーベストケルナー(2006)
鶴沼ヴァイスブルグンダー(2004, 2002)

銅賞受賞
鶴沼アイスワインケルナー (2005)
鶴沼トラミーナ(2008,2005,2001)
鶴沼ミュラー・トゥルガウ (2002)
鶴沼バッカス (2008, 2006, 2005)
鶴沼ツヴァイゲルト・レーベ (2008, 2006, 2005, 2004, 2003, 2002)
鶴沼ヴァイスブルグンダー (2000)

奨励賞受賞
鶴沼バッカス(2004)
鶴沼リースリング (2003)
鶴沼トロリンガー (2002)
鶴沼レンベルガー (2007, 2002)

国産ワインコンクールとは、国産ワインの品質と認知度の向上を図るために開催された、山梨県主催のコンクールです。「国産の果実のみを使用したワイン」を対象に、外国人を含む著名な審査員が厳正かつ公平に審査します。

鶴沼は全て限定醸造のため、品切れの際はご容赦願います。 @北海道ワイン株式会社


※限定品なども多数あるようです。毎年気になってしまいそうです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0