夏の終わり



↑富良野線
↓北鎮記念館

13123101a.jpg

自衛隊員の手作りだと思いますが、かなり忠実に現在の春光地区の広範囲に第七師団が再現されているジオラマ。
第七師団だけでも、これだけのエリアが明治の旭川に忽然とできました。建設当時は全国でも一番活気にあふれていたとか…。多くの職人や人夫はもちろん、土木・建築以外にもたくさんの商人たちも旭川の地にやって来ました。

13123102a.jpg

想い出の地を低空飛行で時空を超えて…。

13123103a.jpg

それともうひとつ、この鬼瓦。

13123104a.jpg

今年訪ねた小林酒造にあった屋根瓦。煉瓦の素材で作られています。ここら辺のお話は別の機会にじっくりとお話ししたいと思います。

13123105a.jpg   13123106a.jpg

試験栽培の皆様です。
ある意味バックアップでもありますが、概ね元気なのが嬉しい。

13123108a.jpg

庭の花々を少し…。

13123111a.jpg   13123110a.jpg   13123109a.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2013, 12. 31 [Tue] 19:27

■ celes 様

こちらこそありがとう。
来年もよろしくお願いします。

それにしても、一つのカテゴリー数としては長年かかったラーメンを超えている!(笑)

過去のカテゴリーも少しずつ充実させていきましょう。

Edit | Reply | 

celes  2013, 12. 31 [Tue] 14:34

夏の思い出 2013


     あずさん、今年も大変、、お世話になりましたe-466
     来年もヨロシクお願い致します。


   “ 夏の思い出 2013 ” 104記事に至るとは‥…。

   感嘆符を飛ばしながら、北の大地を楽しませて頂き、、有り難うございました。
   ガイドブック片手に旅する事を忘れ去る感動が‥…
   改めて、焦がれて止まない北海道の魅力を再認識、、新たな旅を構想‥…?!

   104の記事、幾度と無く、、振り返らせて頂きます。


     あずさん、良い年末年始を・・・e-476
 

Edit | Reply |