警報・注意報の種類



気象庁のサイトを参考に、警報や注意報について簡単なお勉強をしましょう。

まず、その定義です。

■ 警報 
 警報とは、重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報で、気象庁では7種類の警報を発表しています。

・大雨警報
 大雨による重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・洪水警報
 大雨、長雨、融雪などにより河川が増水し、重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・大雪警報
 大雪により重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・暴風警報
 暴風により重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・暴風雪警報
 雪を伴う暴風により重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・波浪警報
 高い波により重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・高潮警報
 台風や低気圧等による異常な海面の上昇により重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

■ 注意報
 注意報とは、災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報で、気象庁では16種類の注意報を発表しています。

・大雨注意報
 大雨による災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・洪水注意報
 大雨、長雨、融雪などにより河川が増水し、災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・大雪注意報
 大雪により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・強風注意報
 強風により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・風雪注意報
 雪を伴う強風により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・波浪注意報
 高い波により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・高潮注意報
 台風や低気圧等による異常な海面の上昇により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・濃霧注意報
 濃い霧により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・雷注意報
 落雷により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・乾燥注意報
 空気の乾燥により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・なだれ注意報
 「なだれ」により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・霜注意報
 霜により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

・低温注意報
 低温により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

…で、今日のポイントなんですが、↑のものは全国的にもある程度は聞き覚えがあるかとは思いますが、↓はどうでしょうか。。。

・着氷注意報
 著しい着氷により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。具体的には、通信線や送電線、船体などへの被害が起こるおそれのあるときに発表します。

・着雪注意報
 著しい着雪により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。具体的には、通信線や送電線、船体などへの被害が起こるおそれのあるときに発表します。

・融雪注意報
 融雪により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。具体的には、浸水、土砂災害などの災害が発生するおそれがあるときに発表します。

おまわりさんが信号に積もった雪を、長い棒で除去している風景は北国ならではかと思い…。
過去記事もありますよ。「冬の風物詩? :: 2010/01/31(Sun)」

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0