糠鰊(ぬかにしん)

江戸の時代から北海道と本州各地には様々な関わりがありました。
特に食に関しては、当時は米がとれない北海道(蝦夷地)ですから、米・塩・砂糖・味噌・醤油・反物・その他日用品…が必要でした。

現在ではトラックや鉄道・航空便もありますが、当時の物流を担ったのは「北前舩」です。「下り荷」の北前船は大阪を出航し瀬戸内海から日本海へ。山陰・北陸各地に寄港し、海産物の運搬には欠かせない大量の筵(むしろ)なども積み込まれ北海道へと向かいます。上り荷は、北海道の鮭や昆布や身欠きニシンが筵に包まれ、北陸地方や関西へと運ばれました。

   14020502.jpg
※往時の鰊場の風景

糠鰊は元々は保存食として加工されたものです。
北陸や山陰地方は米の産地であり塩の産地でもあったので、米糠と塩で魚を漬け込む保存食が、船頭たちの食料として北前船に積み込まれ、米糠や塩とともに道南地方に伝わります。

保存のきく「しょっぱい」糠にしんは、夏場は塩分補給や食欲増進として、冬場は貴重なタンパク源として全道に普及していきます。

北海道の郷土料理である「三平汁」の原材料も糠鰊。ちなみに松浦武四郎の「西蝦夷日誌」にも「糠と塩で漬けた魚と野菜で煮た汁を三平汁という」と登場します。

14020505.jpg

これは羽幌の、「まるや渋谷水産」の品。
かなり「しょっぱい=塩辛い」、昔懐かしい半身の半分の半分もあれば、どんぶり何杯でもいけるお味です。

14020506.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0