2月も最後

今年も「6分の1」が終わろうとしています。
早いもので昔から「二月は逃げる三月は去る」なんて言いますね。

ん?去る?

さる」と言えばこれぞ北海道らしい言葉! ちょっと強引な展開?(笑)

「べさ」とか「ジョッピンかる」が「北海道弁講座」的な場面で、代名詞として登場し本まで出ていますが、何とも情けないというか薄い。そんなネタで笑いをとるなんて陳腐で愚の骨頂って言い過ぎかな?

ちなみに「さる」って何?って方も多いでしょうが、思わずしてしまうとか思い通りの結果ではないような時に発してしまう、同時に自分に責任が無い言い訳としても使用される言葉です。

使用例としては…。

「スーパーで値引きのシール貼られると買わさるよね」
 ※ついつい買ってしまいますの意。

「このボールペン書かさらないよ」
 ※書きたいのに書けない。

「花見の時は飲まさるよね~」
 ※自分は飲んべえではないのだが、花見だからしかたなく飲むという酒好きの言い訳。

ま、そんな意味なのですが先日うちの娘が言いました。

「さると思ったのにさらされなかったさぁ」

すっげーな娘。これぞ生きた北海道の言葉だな。
※記事数は少ないけど、「北海道の言葉」というカテゴリーあります


そうそう、忘れるところでしたが2月も終わるということで今月撮った美瑛の風景を載せておきましょう。



夕暮れ間近の丘と幻日。

14022802.jpg

小さな月が写ってるんだけど…。

14022803.jpg

昔、ある人からビニールハウスのパイプでも絵になる…なんてお褒めのコメントを頂いたことを記憶していますが、こんな風景が好きなもんで、おもわず「シャッター押ささるんだよね」。

14022804.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2014, 03. 02 [Sun] 20:43

■ チョコ 様

ビニールハウスのような被写体は撮る人も少ないはず。
でも、へそ曲がりなのでそんな風景が好きなのです。

撮影秘話は詳しくお話しできません。
何故ならガッカリされる可能性が大だからです。

私は以前どこかでも書きましたが、基本的に車から降りるのも面倒くさいし、冬は特に三脚を使うなんてほぼありえないほどのモノグサです。

なんて書くと、嘘だと誰も信じてくれませんが、嘘なのか本当なのか…。

40センチの雪は大変だったでしょう。
ズボズボと歩くのではなく、時間はかかりますが前足?で行く先の雪を左右に払いながら進むと道ができます。

何とも説明不足ですが、そういう時には体がそうしてしまうような…。

Edit | Reply | 

チョコ  2014, 03. 01 [Sat] 00:25

見惚れてしまいますねー。本当に美しいです。4枚目のビニールハウスの風景、感動的です。
雪は相当な深さかと思いますが、それを踏み分けて撮影されるのですか。2週間前の大雪では我が家の庭は40センチほど積もり、この中を歩くのがいかに大変なものか初めて知りました。

Edit | Reply |