人生初体験 「ごっこ」 を買う



そもそも「ごっこ」って何?ですよね。
ネット上で調べた物を要約しますと…。

スズキ系カサゴ目ダンゴウオ科ホテイウオ属
学名 Aptocyclus ventricosus (Pallas)
英名 Smooth lumpsucker
別名 北海道・東北ではゴッコ
形態 30センチ前後で、ぶよぶよと丸みがある。ぬめりがあり腹側には大きな吸盤がある。

生息域
朝鮮半島釜山から日本海、オホーツク海、ベーリング海、カナダ・ブリティッシュコロンビアまでの北太平洋。
太平洋側では神奈川県三崎、日本海では若狭湾以北。

生態
産卵期は12月から翌4月くらいで、水深100メートルほどのところから浅瀬に来て産卵する。
産卵した卵はオスが保護する。
孵化したものは浅い岩場などで吸盤で吸い付き生活し、夏には沖合に向かい3年ほどで成熟する。
産卵後は鮭と同じように、その一生を終える。

冬が旬の魚のひとつで、一般的には馴染みがないものの、一部の通にとってはアンコウより美味と好評とか。ただし、値はとても安い魚です。皮と身がブルブルして柔らかく鱗はない。肝は柔らかくクセもなく旨みがある。白子も卵巣も美味である。

…って感じでしょうか。

14030902.jpg

過去記事に…。
「留萌の鮮魚店 :: 2014/01/30(Thu)」
「カジカの子 :: 2014/02/13(Thu)」
…がありますが、記事をあらためて見るとかなり魚卵の醤油漬けを作りたい願望がありつつも今年は諦めたって感じ。

で、今回魚卵の醤油漬けを作るチャンスに出会ったわけです。
しかも「カジカ」もいたけど、ネットとかローカルテレビでの知識があった、まさかの「ごっこ」。
その魚卵があったのです。

しかも安いでしょ。一皿298円。
忙しい中、優しいお店の方と少し食べ方とかのお話をして…。

『じゃぁ卵買ってこうかな』と言うと…。
『あ、これ身と一緒なんだよね』
『ん…』

横からお姉さんがアドバイス。

『これ二つでなんですよ』

あ~そうなんだ。つまり一皿298ではなく身と卵、左右の二皿がセットでということなんですね。
魚卵の醤油漬けについては、何となく伝わらなかったのですが、とりあえずセットで購入。
それにしてもどうだい?この安さって。しかもどこまで旭川までの会話で氷を積めてくれて包んでくれた。

で、「ごっこ」ってこんなとかあんなとか…って聞いてると、『あっちに一匹あるよ』。
え~それも撮っていい?と言いつつテンションアップです。

お~いました。いたけどどうよ、この姿って。
気持ち悪くて触れないって方がほとんどでしょう。

14030903.jpg

了解を得て写真を撮らせてもらっていたら、お店の方がご丁寧にもひっくり返して吸盤の説明をしてくれた。
これが魚に詳しい昔からの魚屋って感じで、市場育ちとしてはすごく嬉しい。

14030904.jpg

今日は魚卵の醤油漬けを作りましたが、明日は「ごっこ汁」醤油味バージョンが食卓にあがる予定です。

14030905.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0