新緑 ~リラ冷えの頃~



桜も終わり木々は新緑、野の花は白い花の季節になりました。

14051902.jpg

↑オオバナノエンレイソウ。
ニリンソウもあちらこちらで真っ白になっています。

ここ数日は、まさに「リラ冷え」(仏リラ=ライラックが咲く頃に寒くなる)でした。※北海道の言葉?
昨日も雨交じりの寒い一日でしたので、写欲もイマイチで…。

道端に「ヒトリシズカ」も咲いていました。

14051903.jpg   14051904.jpg

大所帯になるけど、これくらいなら庭の片隅にあっても良いかな~。

14051905.jpg

ちなみに「リラ冷え」と言う言葉は、江部乙出身の俳人「榛谷(はんがい)美枝子さん(2013年1月に96歳で永眠)」が生みの親とのことです。

1960年に詠まれた句に…。
「リラ冷えやすぐに甘えてこの仔犬」
その他にも20句ほどあるそうです。

その後、元北海道大教授の辻井達一氏が北大植物園勤務だった頃に、エッセイ「ライラック」で紹介され、それを読んだ作家の渡辺淳一氏が70〜71年に新聞連載「リラ冷えの街」で引用したことから、「リラ冷え」は広く知られる言葉になったそうです。

もちろん、代表作である「失楽園」の作家である渡辺淳一氏ですから、「リラ冷えの街」は6月の「リラの季節」の男女の愛を描く物語…。読んでみようかな?

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0