留萌本線 朱文別駅



朱文別(しゅもんべつ)駅は、留萌本線の留萌から増毛へ向かう途中にあります。
深川からは62.7km。ホームは1面1線で、1963年(昭和38年)12月1日に、朱文別仮乗降場として開業しました。
1987年(昭和62年)4月1日  国鉄分割民営化によりJR北海道に継承され駅に昇格し朱文別駅になりました。

14052302.jpg   14052303.jpg

すぐ横が踏切になっていて、←増毛方面・→留萌方面です。
駅舎は無く乗降場の風情ですが、一応待合室があります。

14052304.jpg

こんな感じですが、雨風や冬のことを考えれば有ると無いとでは大違いですね。

14052305.jpg   14052306.jpg

Wikipediaには、「ホームは木製デッキ式ではなくプレコン製である」とありますが、コンクリートの板ではありません。
構造は鉄骨のフレームで、ホームもスロープも木製です◎。

14052307.jpg

海が近いので、駅名標も錆の被害が顕著。

14052308.jpg

ホーム上から、←増毛方面・→留萌方面です。

14052309.jpg   14052310.jpg

内陸部ではお目にかからない、プラスチック製の浮きが転がっていました。

14052311.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0