旭川からの高速道路

高速道路といっても、「国土開発幹線自動車道」とか「高規格幹線道路」とか「一般国道自動車専用道路」とか「地域高規格道路」とか何が何やら…。

たとえば、路線名「北海道縦貫自動車道」の起点は函館市で終点は稚内市。
道路名は「道央自動車道」です。

しかし現在の実態は…。

「函館新道」 函館IC - 七飯IC
「北海道縦貫自動車道」 七飯IC - 大沼公園IC
「道央自動車道」 大沼公園IC - 士別剣淵IC
「北海道縦貫自動車道」 士別剣淵IC - 名寄IC
「名寄美深道路」 名寄IC - 美深北IC
「北海道縦貫自動車道(予定路線区間)」 美深北IC - 音威子府IC
「音威子府バイパス」 音威子府IC - 中川IC
「北海道縦貫自動車道(予定路線区間)」 中川IC - 幌延IC
「幌富バイパス」 幌延IC - 豊富サロベツIC
「豊富バイパス」 豊富サロベツIC - 豊富北IC
「北海道縦貫自動車道(予定路線区間)」 豊富北IC - 稚内IC

仕方がないことですが、解り難くて仕方ない。
チョッと解り易く書いてみましょう。

上記の道央自動車道(通称 道央道)で料金がかかるのは、函館の近く茅部郡森町の「大沼公園IC」から、札幌市・旭川市を経由して士別市の「士別剣淵IC」までが高速道路になります。

旭川からの高速道路としては、南は「大沼公園IC」まで、北は「士別剣淵IC」。
東へは「比布JCT」経由「比布北IC」、西へは「深川JCT」経由「深川西IC」。

しかし、実際にはその先に無料の「高規格幹線道路」や「一般国道自動車専用道路」などがあります。
これが路線別で考えると判りにくいので、方向で考えてみましょう。

土地勘があればイメージしやすいのですが、北海道生まれの北海道育ちといっても、個人的に道南や道東はそれほど詳しくないので、当然道外の方には判りにくいかもしれませんが、ご了承を…。

旭川から東西南北へ移動するルートは、現在どうなっているのか、そして今後どうなるのかのお話です。

・旭川から北へ 稚内方面
来年「多寄IC」が開通予定ですが、通称名寄バイパスの「名寄美深道路」が名寄IC-美深北ICまで開通しています。現状では「士別剣淵IC」から「名寄IC」までは下道(したみち )。その先「幌富バイパス」と、「豊富バイパス」は開通しています。「音威子府バイパス」は2018年(平成30年)度に全線開通予定。

「ドラぷら」の高速道路料金・ルート検索で調べてみますと、「旭川鷹栖IC-士別剣淵IC」間は、通常料金1,380円、距離45.8km、時間0時間40分です。旭川から士別まで1000円以上かかって30分程度の短縮ですから、急ぎの場合以外はそれほど利用しません。

ちなみに、現在工事中の「士別剣淵IC-多寄IC」間は、2015年度の開通予定です。また、03年度に抜本的な見直し区間に指定され着工が凍結された、士別剣淵IC-名寄IC間は凍結解除が決定しました。
士別市が「最北のインターチェンジがある町」というフレーズは使えなくなりますね。(笑)

・旭川から東へ 北見方面
道央道「比布JCT」からは、「旭川紋別自動車道」が丸瀬布まで開通しています。高速道路ではなく高規格幹線道路なので無料ですが、比布JCT-北比布IC間は料金がかかります。。
「瀬戸瀬IC」が、2016年度開通予定ですが、その先は未定です。

「ドラぷら」の高速道路料金・ルート検索で調べてみますと、「旭川鷹栖IC-比布北IC」間は、通常料金670円、距離21.8km、時間0時間20分です。旭川市中心部から上川方面へは、国道39号線経由で無料区間の「愛別IC」から乗ったとしても、距離的・時間的にそれほど変わりません。

・旭川から西へ 留萌方面
道央道「深川JCT」からは「深川留萌自動車道」です。高規格幹線道路ですが、「深川JCT」-「深川西IC」間は料金がかかります。現在「留萌大和田IC」まで開通しています。その先は用地取得調整中。

「ドラぷら」の高速道路料金・ルート検索で調べてみますと、旭川鷹栖IC-深川JCT-深川西IC間は、通常料金1,160円、距離36.2km、時間0時間28分です。

旭川から留萌方面へは国道12号線経由で無料区間の「秩父別IC」から乗る方法もあります。道道98号「旭川多度志線」で沼田まで行き「沼田IC」から乗る方法もあります。距離的・時間的にもそれほど変わりません。

・旭川から南へ 札幌方面
「ドラぷら」の高速道路料金・ルート検索で調べてみますと…。

「旭川鷹栖IC-札幌IC」間は、通常料金3,320円、距離125.3km、時間1時間20分です。
「旭川鷹栖IC-小樽IC」間は、通常料金4,540円、距離163.6km、時間1時間50分です。
「旭川鷹栖IC-恵庭IC」間は、通常料金4,380円、距離151.6km、時間1時間38分です。
「旭川鷹栖IC-新千歳空港IC」間は、通常料金4,730円、距離164.6km、時間1時間45分です。
「旭川鷹栖IC-苫小牧東IC」間は、通常料金4,940円、距離172.5km、時間1時間50分です。
「旭川鷹栖IC-伊達IC」間は、通常料金7,050円、距離258.4km、時間2時間47分です。
「旭川鷹栖IC-大沼公園IC」間は、通常料金9,740円、距離397.7km、時間4時間47分です。

旭川・札幌間は高速道路利用が多いかもしれませんが、普通に下道を走ったらプラス1時間程度です。
下道の場合、滝川から275号線を行く方も多いです。
札幌市内はとにかく移動に時間がかかりますから、ご注意を。
その先はルートによって選択肢が変わりますが、よく分かりません。

・南から東へ 帯広方面
旭川から帯広や釧路方面はかなり遠いイメージがあります。
基本的に高速道路は、旭川から目線のルートではなく、札幌から目線です。
当然、現在の「道央道」から「道東道」を通ると、かなり遠回りかつ料金が…になります。

「ドラぷら」の高速道路料金・ルート検索で調べてみますと…。、
「旭川鷹栖IC-千歳恵庭JCT-音更帯広IC」間は、通常料金8,090円、距離308.0km、時間3時間51分です。

一般的には富良野方面から狩勝峠や、上川町から三国峠になります。
「北の道ナビ」 で、下道を調べてみました…。

「旭川市-富良野-狩勝峠-帯広」ルートの場合、距離177km、時間3時間54分です。
「旭川市-上川町-三国峠-帯広」ルートの場合、距離191km、時間3時間53分です。

ちなみに北見方面の方もそうですが、なんと知床のウトロの方も、丸瀬布から「旭川紋別自動車道」で旭川のパターンが多いようです。

日高方面は、道央自動車道「苫小牧東IC-日高門別IC」間、距離45.7kmは無料区間です。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0