FC2ブログ

留萌駅で「駅そば」の「にしんそば」

   14070902.jpg

久々の留萌駅。
自動販売機で「入場券」を記念に買おうかと見たらなんと170円!
高くなったなぁ~と思いつつ、ふと目に付いたのが「硬券入場券」。
これなら安い?

14070903.jpg   14070904.jpg

駅員さんが日付をカチョンと印字。
パンチ(改札鋏)は無いのかと聞いたら、スタンプならということでした。残念。
こういうものは国鉄時代のパンチ可にしたほうが良いと思いますよ。JR北海道さん。

ちなみに「留萌駅」「増毛駅」「増毛駅(駅看板写真付のイマイチ作品)」の全部で3種類ありました。

14070905.jpg

飲食店で空腹を満たすには時間的にもまだ早い。
コンビニなんてそもそも眼中に無い。

駅に漂う出汁の香り…。
今年の「夏の思い出」、初食べは留萌で「にしんそば(鰊蕎麦)」と「ごぼう天そば」でした。

14070906.jpg   14070907.jpg

蕎麦屋ではなく、元祖ファストフードの「駅そば」で「にしんそば」を食べる。
こんな感じが旅の醍醐味ですが、たぶん留萌駅の駅そばは、世界で唯一「駅そば」としての「にしんそば」を提供しているのだと思います。(※こんな書き方をしたら世界で唯一とか日本でここだけ…なんて誰かが真似して書くか?笑)

ニシンも美味しく煮付けたもので、小骨も感じられずとても美味しいものでした。
「ごぼう天」も以前テレビで音威子府の駅そばを見たことがありましたが、「ウチのお勧めは天ぷら…」の天ぷらはスーパーで普通に売ってる既成の「揚げ玉を円盤状に固め乾燥小海老付」のものでしたが、留萌の「ごぼう天」はオリジナル?チャンと「ゴボウのかき揚げ風天ぷら」です。

価格はどちらも「駅そば」としては高額になりますが、厚みのあるニシン半身を美味しく炊き上げたものだったり、そのクオリティーは高いものがあります。

留萌へお寄りの際には、多少お腹に余裕があればぜひ食べていただきたい一品です。

14070908.jpg   14070909.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0