「占冠村」 散策

特に占冠(シムカップ)を目指していたわけではありません。(笑)
でも、駅に着いた。

占冠駅は、北海道勇払郡占冠村字中央にあるJR北海道石勝線の駅です。
開業は1981年(昭和56年)10月1日ですから、割と新しい駅になります。

ちなみに石勝線は、南千歳駅から夕張市を経て新得駅を結ぶ本線+夕張市内の新夕張駅-夕張駅間の支線です。

新得からは根室本線です。
つまり、石川啄木の時代には札幌から釧路へ行くには、旭川から富良野経由の路線だったものが滝川から富良野となり、さらに石勝線によってショートカットされたということです。



駅前はまったく駅前らしい風情はありません。
道の駅なのかな?と思った建物は「物産館」でした。

14081402.jpg

郷土資料館が併設されていたのでチラッと見学…。

14081403.jpg

ん~、思いの外残念な感じでした。

14081404.jpg   14081405.jpg

買い物。
占冠と言えば、確か今年の春先だったか、「ワラビの産地偽装」がありましたね。
「占冠山村産業振興公社」(三浦裕一社長)ですが、「コープさっぽろ」での取引により地元のワラビが足りなくなって、ロシア産ワラビを北海道産と偽って販売した問題です。

14081406.jpg   14081407.jpg

ワラビ羊羹は無いけど、「ふきようかん」がありました。
キノコ類は似たようなものが各地にあるものの、占冠のものは特に美味しいようです。
シカやクマの缶詰も味噌味は珍しいとか…。

14081408.jpg   14081409.jpg

こちらが「道の駅自然体感しむかっぷ」。
こちらにもいつものあちらではないあちらの方々が…。

14081410.jpg   14081411.jpg

忘れてはいけない「カントリーサイン マグネット」+α。

14081412.jpg   

久々に木を加工したくなってきた…。
「しむかぷ工房」。

14081413.jpg   14081414.jpg

14081415.jpg   14081416.jpg

14081417.jpg   14081418.jpg

14081419.jpg   14081420.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0