道の駅 しらたき

当ブログ内を、 「白滝」 で検索すると21件ありました。
ま、文字があればヒットしてくれるので、正確には「白滝の文字のある記事」ですね。

旭川紋別自動車道に、「白滝パーキングエリア」「道の駅 しらたき」があります。
比布JCTの起点からは、53.9kmの距離です。

沿革としては…。

・2002年(平成14年)3月30日:浮島IC - 白滝ICの開通に伴って供用開始。当初はトイレのみ。
・2003年(平成15年)3月:レストラン・売店等が営業開始。8月8日:道の駅に登録。
・2008年(平成20年)8月30日:午後3時30分奥白滝IC開設。

北海道初のPA/SA併設型ICです。

何とも不思議な空間でして、無料の「旭川紋別自動車道」を走っていると、PA=パーキングエリアであり、SA=サービスエリアです。国道333号線からは、一般の国道沿いにある道の駅に寄るって感じではありませんが、「道の駅」でもあります。

石北本線の秘境駅と言われるほどの駅が点在するエリアですので、前後数㎞にはコンビニはもちろん飲み物の自販機すら有るのか?って場所です。

140907001.jpg   140907002.jpg

一瞬どっちだ?と思えるほどの情報量…。

140907003.jpg

一番安いのは…。小ライス170円!
かけそばで650円…ん~。。。

140907004.jpg

こちらの缶詰を指が千切れそうになるほど購入。(笑)

140907005.jpg   140907006.jpg

個人的にははじめて見た謎の飲み物「ヨーグルッペ」。

140907007.jpg

北海道日高乳業株式会社の沿革は…。

・1960(昭和35)年 宮崎県南部酪農業協同組合の設備を引き継ぎ、南日本酪農協同株式会社を設立。
・1987(昭和62)年 乳製品の安定供給を図るため、日本ネッスル社の日高乳業(株)・日高工場を買収。
・1990年 北海道日高乳業株式会社と社名を変更。

「北海道日高ヨーグルッペ」は、北海道の新鮮な生乳に3種類の乳酸菌を調合。マイルドな酸味とほどよい甘さの発酵飲料(殺菌タイプ)だそうです。

芦別の「タングロン」とはまた違った存在ですね。
デーリィ南日本酪農協同株式会社 「ヨーグルッペ」 のページがありました。

※追記 2014.9/13
  缶詰の価格が判りやすいようにトリミングしました。

140907008.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0