芦別 アンジェリアの丘

旭川から芦別に向かい、新城峠を過ぎると何やら素敵な発見。
キレイな淡い薄紫色が見えました。
それは広いキャンパスに、さあっとひと筆の色を入れたようなものでした。
以前に来た時の、微かに残る地形の記憶と薄紫色が重なり、あそこならと走りました。

14091201.jpg   14091202.jpg

14091203.jpg   14091204.jpg

14091205.jpg   14091206.jpg

とても暑い夏の陽射しでしたが、畑の近くまで歩きました。

14091207.jpg   14091208.jpg

14091209.jpg   14091210.jpg

14091211.jpg   14091212.jpg

この時、花の名前はもちろん、用途も判らなかった。
ネットでいろいろ調べても、なかなかたどり着けない。

終いには農協か役場に聞こうかとも思ったけど、ネットで探しに探した…。
微かな「アンジェリカ」情報を元に検索しても、アンジェリーナ・ジョリーとか、アンジェラ・アキとか、一番近くて道端アンジェリカ。(笑)

それでも、何とか「アンジェリカ」ではなく「アンジェリア」だと分かったものの、ゲームに登場する「アンジェリア・アヴァロン」ばかり。様々なキーワードで、やっとたどり着いて判ったのが、緑肥作物だということでした。
美瑛などでは「キカラシ」や「ヒマワリ」を見かけますが、同じように土に漉き込んで肥料にする作物です。

アンジェリアは「雪印種苗㈱」が販売している、ハゼリソウ科の1年草で、芦別では5月に種を蒔くと50〜60日程度で花が咲き、開花期間も長く景観緑肥として10年ほど前から植栽していて、特に長ネギの前作に入れると、増収と品質の向上が期待できるそうです。

ちなみに、どこかに種が売ってないかと調べたら、1kgで2,376円というのがありました。
こんなに要らないけど、10粒でいいから欲しいな。

しかし、植物好きとしてはこれだけでは何となくスッキリしないのでさらに…。

・名称 ファセリア・タナケティフォリア
・別名 ハゼリソウ(葉芹草)、アンジェリア
・英名 Lacy phacelia、Scorpion weed
・学名 Phacelia tanacetifolia
・分類 ムラサキ科 ハゼリソウ属

※クロンキスト分類体系ではナス目、新エングラー体系ではシソ目、APG植物分類体系では廃止されムラサキ科に統合。ハゼリソウ科としては22属280種がある。

・大きさ 高さ60~100cm、葉長8~15cm、花序長5~6cm。
・形態 茎は直立し、やや分枝。全体が短毛で被われ、葉は規則正しく羽状に切れこむ。
 茎頂にサソリの尾のように巻いた花序を作り淡い藤色の花を咲かせる。
 花は筒状で、 雄しべ が長く突き出す。
・原産地 アメリカ(カリフォルニア州)
・生育 日当たり水はけ良く乾燥気味に育てる。
・利用 畑の緑肥。園芸種として庭植え。

あ~スッキリした。(笑)

あ!そうそう忘れるところだった。
YouTubeに、 「アンジェリア咲くころ」 をアップしました。
フォトムービー+ ビデオ映像の短いモノですが、よろしければご覧ください。

そうだ!これも忘れるところだった。

14091213.jpg

動画のフォトムービーに、鳥が飛んでいるのがありますが、明らかに猛禽類らしい姿が気になる方も居るでしょう。(居ないか?) ま、トリミングしてみました。

14091214.jpg

さらにトリミング。

14091215.jpg   14091216.jpg

鳴き声が聞こえれば一発で判ったのですが、これは「チゴハヤブサ」ですね。
旭川では街中でも子育てをするくらい身近な渡りの猛禽類です。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2014, 09. 19 [Fri] 22:52

■ チョコ 様

ご無沙汰でした~。コメントありがとうございます。

黄金色は刈り取り間近の小麦です。
平坦な土地以外に田となると、棚田を作るしかありませんが、米への想いとその労力のバランスとでも言うのでしょうか、傾斜地では畑作が中心になります。畑作にも向かない土地では酪農中心になる訳です。

観光としては、有名な一般的に知られているエリアにしか眼が向けられていませんが、ソバの花が一面真っ白に咲いていたり、麦畑はもちろん、牧草畑であっても風にそよぐ姿は風情があります。

観光客がひとりも居ない中で、北海道を体感できる場所は無限と言ってもいいでしょう。ただ、より良い感動を得る為には素敵なナビゲーターが必要になります。(笑)

Edit | Reply | 

チョコ  2014, 09. 19 [Fri] 21:24

こんばんは。
とっても綺麗ですねー!ため息がでます。
黄金色しているのは稲か麦でしょうか。本当に美しいです。
このような光景は、私ども外部の者は富良野、美瑛の風景というイメージなのですが、それ以外にも北海道なら多くの土地で見られる風景なのでしょうか。
人が全く写っていませんが、このような美しいところなのに、観光客には知られてないのですか。以前にも一面の麦畑の画像を見たとき思いました。

Edit | Reply |