FC2ブログ

上川町で「綿アメ」

旭川市で神社の例大祭というと、大きなものでは6月の護国神社祭と7月の上川神社祭。
そういえば旭川市に上川神社があるということは、上川町に上川神社があるわけはないので、なんという名前なのか疑問に思い調べてみた。

するとビックリ!なんと「大上川神社」。
上川神社に大がついている。イメージ的には上川神社より大きいとか立派とか…。



旭川市民としては(個人的に)何となく気になるので、さらに調べてみた。

上川神社 (旭川市)
【所在地】旭川市神楽岡公園2番地1
【例祭日】7月21日
【旧社格】県社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 105.6坪(349.1㎡)
【境内面積】 15,380坪(50,754㎡)
【氏子世帯数】 68,688世帯
【交通機関】 JR旭川駅より旭川電気軌道バス 82番南高行、上川神社前下車5分、同駅前より車で10分
【社宝等】掛軸(2)・御小直衣・御鏡・御鉾(2)・御楯(2)・刀剣(応永29年3月)
【由緒】 明治26年7月15日上川地方開拓守護の神、旭川の鎮守として市街予定地「に」通4丁目から7丁目に至る義経台即ち現在の宮下通4丁目より7丁目に至る地に、天照皇大御神1柱を奉祀したのが創祀。
明治39年11月26日村社、大正12年12月18日県社に昇格。
昭和21年7月16日宗教法人神社本庁に属し、同29年4月16日宗教法人法による法人となる。
同30年7月1日神社本庁別表神社に指定される。

大上川神社 (上川町)
【所在地】上川郡上川町北町25番地
【例祭日】7月16日
【旧社格】村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 33坪(109.0㎡)
【境内面積】 3,534坪(11,682㎡)
【氏子世帯数】 2,553世帯
【交通機関】 JR上川駅より徒歩3分
【社宝等】
【由緒】 大上川神社の御創祀は明治39年、入植者有志景勝地留辺志部に小祠が建立されたのに始まり、大正14年に福島県太田神社より天之御中主神の御分霊を奉遷・同年留辺志部より現在地(上川町北町)に移転す。
昭和7年創立許可が下され「大上川神社」と公称・昭和10年内務省より村社に列せられる。

旭川の上川神社のほうが古く、社殿面積・境内面積・氏子世帯数とも、まるで比較にならないほど大きく広く多いのに、上川町の神社になぜ大が付いているのかは謎。。。

14091708.jpg

「ラーメン日本一」の上川町ですが、屋台の数は 「増毛」 より少なそう…。

14091709.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0