ひがし大雪自然館

上士幌町観光協会の 「かみしほろ観光情報」 ~ひがし大雪・ぬかびら源泉郷・上士幌町~  

…より一部抜粋。

「ひがし大雪自然館」
(1)目的と特徴
ひがし大雪自然館は、大雪山国立公園の東大雪地域を中心とした自然や歴史、リアルタイムな地域の情報を発信し、サテライトフィールドである十勝三股における環境教育を実施する活動拠点とするため、環境省と上士幌町が連携し合同で整備しました。このうち、環境省では 「ぬかびら源泉郷ビジターセンター」(博物展示施設)を、上士幌町では 「上士幌町ひがし大雪博物資料館」(博物展示・収蔵施設)を担当し、一体的に整備しました。

ぬかびら源泉郷は、帯広市から約60km、大雪山国立公園の十勝地方側の入口に位置することから、東大雪地域の自然体験や自然環境保全に関する活動拠点、自然から観光まで幅広く情報発信する案内拠点として、来訪者が利用しやすい施設となりました。

(2)整備主体
環境省及び上士幌町

(3)施設概要
①構造・規模
建築面積 1043.9㎡、延床面積 970.1㎡

ぬかびら源泉郷ビジターセンター 建築面積520.78㎡、延床面積 469.38㎡
ひがし大雪博物資料館 建築面積523.12㎡、延床面積 500.72㎡

付帯施設
駐車場、園地

住所 上士幌町字ぬかびら源泉郷48の2
営業時間 9:00-17:00 (7月-8月は6:00-17:00)
定休日 水曜日(水曜が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/30-1/5)
業務内容 観光案内、博物資料館、環境省ビジターセンター

   14101502.jpg

何だか複雑なのかよく分かりませんが、環境省の予算で箱モノを作って、上士幌町が運営していて、その中に観光案内とかもありますって感じなのでしょうか。オープンは平成25年5月1日(水)ということで、とてもきれいな施設です。
昔も、似たような施設があって、確か観楓会の帰りだったか、ウスバキチョウ(標本)を見たいという人に付き合ってトイレタイムに寄った短時間に慌ただしく見た記憶があります。

14101503.jpg   14101504.jpg

14101505.jpg   14101506.jpg

自然関連ももちろん大好きなのですが、今回の目的の一つは「タウシュベツ橋関連」です。
ネット上にもいろいろありますが、いまいちピンと来なくって…。

14101507.jpg

大好きなジオラマ系。しかも山!
部屋に一つは欲しいと思います。。。

14101508.jpg   14101509.jpg

インフォメーションカウンター・世界の昆虫・世界の蝶や蛾・休憩スペース・地域情報コーナー・東大雪の昆虫・視聴覚コーナーなどがあるそうです。

14101510.jpg

動物たちもたくさんいました。もちろん剥製だけど…。

14101511.jpg   14101512.jpg

ナキウサギ エゾリス

14101513.jpg   14101514.jpg

イイズナ エゾオコジョ かな?

14101515.jpg   14101516.jpg

エゾタヌキ 冬毛の白いエゾユキウサギ

14101517.jpg   14101518.jpg

オオジシギ エゾライチョウ だと思う。

14101519.jpg   14101520.jpg

もちろん、ヒグマ。

14101521.jpg   14101522.jpg   14101523.jpg

夏毛のエゾユキウサギはこんな感じ。これをマウレで見たというのだが…。
エゾモモンガ シマフクロウ

14101524.jpg

モモンガ 飛んだ!ってね。

14101525.jpg

これは生きてるエゾサンショウウオ。
他にも魚類が水槽で飼育されていました。

14101526.jpg   14101527.jpg

遭いたい、撮りたい動物ナンバーワンの「イイズナ」。

14101528.jpg   14101529.jpg

高山型の蝶。好きな人にはたまらないのでしょうか、三国峠の近くで数名の捕獲者たちが補虫網を手にしているのを見かけました。

14101530.jpg

カラフトルリシジミ ダイセツタカネヒカゲ アサヒヒョウモン ウスバキチョウ の標本。
※高値で売買されているらしい

14101531.jpg   14101532.jpg

その他、国内内外の蛾や蝶の標本類。
有名なモルフォは、やはり目を引きました。

14101533.jpg   14101534.jpg

14101535.jpg   14101536.jpg

甲虫類の標本も充実。

14101537.jpg   14101538.jpg

コガネ類も綺麗なものが多いものです。地味なと言うかマニアックな世界ですけど…。
個人的には、カメムシのコレクションがあれば見てみたい。
北海道だけでもすごい数の種類があるそうです。臭いは勘弁ですけどね。(笑)

14101539.jpg   14101540.jpg

カブトムシやクワガタの標本も充実しています。
夏休みの自由研究は、ここだけで完結しそうですね。

14101541.jpg   14101542.jpg

昔やりました。こんな感じに並べてみたり…。
ノコギリは気が強い方だけど、角(大アゴだけどね)が真っ直ぐな小型の方が性格はキカナイ。

14101543.jpg

最後にちょっとグロイですが、骨格標本。
パッと見るとギョッとなりますが、見慣れると何故か可愛く感じるというか…。

14101544.jpg   14101545.jpg

エゾモモンガは不思議。
外から?見ると手足が短く思えたけど骨は長いですね。
可愛い手で上手に木の芽を食べるので、飛膜は皮が進化したのかと思っていたけど、なんと手首の先には硬い軟骨が伸びていて飛膜を補強しているのですね。
浮力を得るために、手足も胴も長くなっていることが、骨格標本から解ります。

14101546.jpg

見るからに跳躍力がありそうなエゾクロテンの骨格。
三国峠から糠平へ向かう途中の「三又」で見たエゾクロテン。
あまりにも予期せぬ昼間の出来事で、写真の一枚を撮る間もなくクロテンは道路から笹薮へ入ってしまった。
「鹿とび出し注意」の看板ではなく、「クロテンとび出し注意」だったらカメラを用意していたのになぁ~。(笑)
でも、ポイン!ポイン!と走る可愛いお尻は脳裏に焼き付いています。

14101547.jpg   14101548.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0