上士幌町鉄道資料館

14101803.jpg 

糠平にある、「上士幌町鉄道資料館」です。

上士幌町のホームページより…。
旧国鉄士幌線の資料展示、北海道遺産コンクリートアーチ橋梁群の案内業務。

14101801.jpg   14101802.jpg

1987年に廃線になった旧国鉄士幌線の各種資料(路線図、歴史、工事写真、保線工具、ジオラマなど)を展示。士幌線が現役時代、運転席から撮影した帯広駅から糠平駅までの映像が大型スクリーンで見られます。

また北海道遺産やJR準鉄道記念物である旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の案内地図の販売や最新情報の提供を行っています。
その他、夏場には資料館脇において、旧国鉄士幌線の鉄路を再現した 「ひがし大雪高原鉄道」 が運行しています。

…ということです。
「ひがし大雪高原鉄道」のトロッコについては後日お届けします。

14101804.jpg

住所 上士幌町字ぬかびら源泉郷
営業時間 9:00-16:00
営業日 4-10月(月曜日休館※7・8月は無休)、11-3月は冬季休業
入館料 100円

14101805.jpg   14101806.jpg

14101807.jpg   14101808.jpg

「硬券」の「乗車券箱」欲しい。出来れば木製の…。

14101809.jpg   14101810.jpg

なぜか必ずと言って良いほど鉄道関連の施設にあるタブレット(通票)閉塞機とキャリア。

14101811.jpg   14101812.jpg

各駅のお姿や…

14101813.jpg   14101814.jpg   14101815.jpg

今回の目的の一つである、タウシュベツ川橋梁関連…

14101816.jpg   14101817.jpg   14101818.jpg

資料館の管理もそうですが、全道的に見ても数少ないトロッコの運転など、地元の歴史を大切にしつつ新しいものにチャレンジしている姿勢が素晴らしいなぁ~と思います。

14101819.jpg   14101820.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0