ひがし大雪高原鉄道

「上士幌町鉄道資料館 :: 2014/10/19(Sun) 」があるのは下調べで分かっていたけど、まさかトロッコがあるなんて知りませんでした。

廃線跡のトロッコと言えば美深の仁宇布が有名ですが、確か三笠にもあったような…。
もうひとつは新得のサホロですね。いつの日か全制覇してみましょう。(笑)

   14102302.jpg

↑右の写真に写っている、踏切で見かける警報機。
一番上の「×」の正式名称は「踏切警標」で、風車ではありません。(笑)
踏切の存在を知らせるもので、クロス状に交差していることから「クロスマーク」とも呼ばれるもの。

さて、小小雨?も上がり、貸切で運転してくれるようです。

14102303.jpg   14102304.jpg

まずは下りの幌加方面へ…。
あ、そうそう 「YouTube」 に、「ぬかびら高原鉄道」トロッコ乗車 ~フォトムービー+動画~ をアップしています。

14102305.jpg   14102306.jpg

折り返し運転で、糠平から黒石平方面へ…。

14102307.jpg   14102308.jpg

14102309.jpg   14102310.jpg

この時期にこんなに水位の低い糠平湖は珍しいとか…。
間もなく糠平第6トンネルです。

14102311.jpg   14102312.jpg

ここでまた折り返し運転になりますが、士幌線についてのお話をしてくれます。

14102313.jpg   14102314.jpg

途中でも、この辺は桜の木ですとか、ここは紅葉の時期には綺麗ですとか、これはルピナスと言う花でとか。。。
そんなお話も聞けつつ、あっという間に到着です。

14102315.jpg   14102316.jpg

トロッコは、希望すれば自分で漕ぐことが出来ます。
看板には、「お客様がやって頂いてもよろしいです」と書いてあります。
全然関係ないけど、宮沢賢治の「注文の多い料理店」をなぜか思い出しちゃった。(笑)

14102317.jpg   14102318.jpg   14102319.jpg

↓自分で運転しているつもり?のお客様。

14102320.jpg

型式 ヨ3500

14102321.jpg   14102322.jpg

国鉄ヨ3500形貨車は、1950年(昭和25年)から1958年(昭和33年)にかけて作られた国鉄の車掌車です。
ヨ4843号車です。

14102323.jpg   14102324.jpg

14102325.jpg   14102326.jpg

嬉しいことに、中に入ることも出来ます。

14102327.jpg   14102328.jpg

必ず言っちゃいますけど、こんな趣味部屋欲しい~。

14102329.jpg   14102330.jpg   14102331.jpg

14102332.jpg   14102333.jpg   14102334.jpg

14102335.jpg   14102336.jpg   14102337.jpg

オマケ

キツリフネ(黄釣船)だと思う。

14102338.jpg   14102339.jpg

さらに要らないオマケ…。
キツネっぽくないな。ひょっとしてだけどイタチ類だと思われる糞。
そう思うと何となく嬉しい。(笑)

14102340.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0