当麻鍾乳洞

   14103102.jpg

・当麻町のホームページ 「当麻鐘乳洞」
・当麻町観光協会のホームページ 「当麻鐘乳洞」

14103103.jpg   14103104.jpg

1957年(昭和32年)1月13日に石灰岩を採掘中に発見された当麻鐘乳洞。
1961年(昭和36年)3月17日には「北海道指定天然記念物」に指定されています。

14103105.jpg
↑大きいサイズにしてあります。

はるか1億5千万年前のジュラ紀から、気の遠くなるような時間をかけて地下水の溶蝕作用がつくりあげた石灰洞窟で、学術的にきわめて貴重な鍾乳洞として知られています。

鍾乳石が3cm成長するのには約200年の歳月を要するといわれています。また、この鍾乳洞の特徴は、不純物が少ないため結晶度がきわめて良い状態にあることです。

面積約1500平方メートル、全長約135メートル、高さ7-8メートル。洞窟内部は5つの部屋に区切られ、それぞれが狭い通路で連結されている。洞内には様々な形状・大きさの鍾乳石が多数存在するが、いずれも不純物が少なく透明度の高い方解石結晶であることが特徴である。その中には、直径5ミリメートルほどで根本から先端まで直線状に伸びる鍾乳管なども存在する。

14103106.jpg   14103107.jpg

何十年ぶりに来たけど、こんなご立派な施設になっていたとは…。
昔は、山の斜面に穴が開いていて、その横にある小さな物置のような所で入場券を売っていたような…。

14103108.jpg

入口付近のこの辺りからもう涼しく感じます。
夏にはお勧めの場所です。

14103109.jpg   14103110.jpg

14103111.jpg   14103112.jpg

・鍾乳管 : 天井から同じ太さでパイプ状につらなるもの
・石筍 : 天井から落ちる水滴がたけのこのように高くなっていくもの
・石柱 : つららと石と石筍がつながったもの
・カーテン : 天井や壁からしたたる石灰水が薄い膜状になったもの

…があるそうです。

14103113.jpg   14103114.jpg

頭をぶつけそうな場所も多いのでご注意を…。

14103115.jpg

レンズはVR(手ぶれ防止)ですが、さすがにこの明るさで手持ちはキツイものがあります。(笑)
多少のブレはご容赦を…。

14103116.jpg   14103117.jpg

大きな池のようなものはありませんが…。

14103118.jpg

悠久の時を感じます。

14103119.jpg   14103120.jpg

3cm成長するのには約200年の歳月を要するというのなら、30cmのものは約2000年か…。

14103121.jpg   14103122.jpg   14103123.jpg

14103124.jpg   14103125.jpg   14103126.jpg

↓こんなビビッド (Vivid).な照明ではありません。
肉眼では弱い光ですが、長時間露光のためこんな感じに写りました。

14103127.jpg

出口付近は「石灰岩」を感じることが出来ます。
これはこれで、素晴らしい風景です。

14103128.jpg   14103129.jpg

回遊型の通路になっています。
特に決まりはないようで、気の済むまでグルグルできます。(笑)

14103130.jpg

外に出ると、真夏の北海道。

14103131.jpg   14103132.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0