北海道の歴史も学べる 難解・難読・面白地名 ~十勝 上川郡編~

1869年(明治2年) 北海道と改称 開拓使設置 11国86郡が置かれます。
位置的なものが気になる方は、 ■十勝支庁 (1市16町2村) :: 2009/11/10(Tue) をご覧ください。

takachi.png

旭川からすると、十勝にも「上川郡」があるって感じですが、上の川があれば中の川、天塩の中川郡と十勝の「中川郡」があります。

十勝の上川郡には、清水町と新得町があります。
ここまでは良いですね?一応正解は…。

清水町(しみず)
新得町(しんとく)


では本題ですが、このエリアの歴史は解り易いです。

十勝上川郡としては…。

大正4年(1915年)4月1日 2級 人舞村・屈足村が発足。
大正9年(1920年)9月 人舞村が河西郡芽室村の一部(大字美蔓村の一部)を編入。
大正12年(1923年)4月1日 1級 人舞村。屈足村が改称し1級 新得村。
昭和2年(1927年)9月25日 人舞村が改称し1級 清水村。
昭和7年(1932年)8月15日 河西支庁が改称して十勝支庁となる。
昭和8年(1933年)5月1日 新得村が1級 新得町。
昭和11年(1936年)1月1日 清水村が1級 清水町。
昭和26年(1951年)9月30日 清水町が河西郡御影村を編入。
昭和33年(1958年)4月1日 清水町の一部(上芽室のうち100戸653人)を河西郡芽室町に編入。
平成22年(2010年)4月1日 十勝支庁が廃止され、十勝総合振興局の管轄。

清水町

明治36年 (1903) 芽室外6カ村戸長役場(現在の芽室町)から人舞村外一村戸長役場分離 開町。
大正4年 (1915) 屈足村(現在の新得町)を分村。
大正10年 (1921) 芽室村より分割して御影村開村。
大正12年 (1923) 1級 人舞村。
昭和2年 (1927) 人舞村を清水村と改称。
昭和11年 (1936) 町制施行 清水町。
昭和31年 (1956) 清水町と御影村が合併。


新得町

大正4年(1915) 人舞村外一村戸長役場から2級屈足村として分離。
大正12年(1923) 1級 新得村。
昭和8年(1933)5月1日 1級 新得町。


それでは…。

「人舞村」「屈足村」「美蔓村」「御影村」、を考えてみてください。
↓正解はこちら。
・人舞村 (ひとまい) ※素直に読めば正解。
・屈足村 (くったり) ※素直に読めば不正解。
・美蔓村 (びまん) ※素直になっても読めない。
・御影村 (みかげ) ※素直に読めばほぼ正解。


続きまして「現代の十勝上川郡」にある気になった地名です。

上川郡清水町
 上然別 カミシカリベツ
 熊牛 クマウシ
 下佐幌 シモサホロ
 羽帯 ハオビ
 人舞 ヒトマイ
 美蔓 ビマン
 御影 ミカゲ

上川郡新得町
 上佐幌 カミサホロ
 下佐幌 シモサホロ
 屈足 クッタリ
 拓鉄 タクテツ
 新内 ニイナイ

下佐幌が両町にありますね。
ちなみに「サホロ」は「サッポロ」と同じアイヌ語由来の地名です。
「乾いた大地」という意味があります。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0