北海道旅客鉄道(JR北海道) 根室本線 幾寅駅 vol.1 ~駅舎 外観 ~

幾寅駅は根室本線の滝川駅から98.8km。
開業は、1902年(明治35年)12月6日です。

空知郡南富良野町にある駅ですが、南富良野駅は存在しません。
何故か不思議ですけど、このエリアは「南富良野」とは言わずに、「幾寅」とか「落合」とか「金山」…と地区名で呼びます。

南富良野町の沿革は…。
・1891年 砂金採取者が金山に入り開基。
・1899年 空知郡富良野村が空知支庁から上川支庁に移管。
・1901年 伊勢団体、岐阜団体が移住。
・1908年 下富良野村(現富良野市)戸長役場から分離、南富良野村外1ヶ村戸長役場を設置。
・1919年 2級 空知郡南富良野村。
・1967年 南富良野町。

現在は無人駅の幾寅駅ですが、映画「鉄道員(ぽっぽや)」では「幌舞駅」として使用されました。



駅舎には「幌舞駅」とありますが、駅舎右上に控えめに「JR幾寅駅」のプレートがあります。

14110902.jpg   14110903.jpg

14110904.jpg   14110905.jpg

ロケの際に木造板張りの雰囲気に改造されたそうです。

14110906.jpg   14110907.jpg

駅舎の裏。ホーム側です。

14110908.jpg   14110909.jpg

14110910.jpg   14110911.jpg

なかなか良い味を出していますが、あくまでも現役の駅です。
駅前には…。

14110912.jpg

占冠村営バスのバス停。日曜運休。。。
良いねぇ~。

14110913.jpg

このポストは現役です。

14110914.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0