北海道の国道

素朴な疑問として、北海道に国道ってどんだけあるのか。

その前に日本の国道の歴史も少しだけ知っておきましょう。

日本の国道は、1876年(明治9年)太政官達第60号で、県道・里道とともに定められました。
当時は、一等国道・二等国道・三等国道の三種に分けられ、幅員はそれぞれ七間(約12.7m)・六間(約10.8m)・五間(約9m)とされました。

一等国道は東京日本橋から各開港場まで。
二等国道は東京と伊勢神宮、及び東京・大阪・京都の各府と陸軍の司令部であった各鎮台まで。
三等国道は東京と各県庁所在地、ならびに各府と各鎮台同士を結ぶもの。

この国道の等級が廃止されたのは1885年(明治18年)で、この時より国道に1から44までの番号を振り「明治国道」が指定されます。
日本では鉄道優先の政策のため道路整備は諸外国に比べ後れを取ったものの、日清戦争・日露戦争以降は軍事的な目的もあり道路事業費が増加され、1887年(明治20年)指定の45号から、1915年(大正4年)の61号まで17路線が追加されました。

1919年(大正8年)に、戦前の道路整備の基本法となった道路法(大正8年4月11日法律第58号)が公布され、従来の道路路線は廃止され大正国道が新たに定められます。

1.東京市ヨリ神宮、府県庁所在地、師団軍司令部所在地、鎮守府所在地又ハ枢要ナ開港ニ達スル路線
2.主トシテ軍事ノ目的ヲ有スル路線

国道は計64路線となり、太平洋戦争終結時までに最終的には計82路線が認定されましたが、明治国道に比べて軍事色がかなり強くなったのが特徴です。

1934年(昭和9年)から、「第二次道路改良計画」が実施され国道6,903kmと軍事国道275kmを国が直轄で改良する計画が実行に移されますが、不況による財政難と戦時体制への移行に伴う予算不足で頓挫します。

ドイツのアウトバーンに倣い内務省は全国的な自動車道路網である「弾丸道路」の整備計画を策定します。
1943年(昭和18年)には東京神戸間の測量・設計などが実施されたものの、戦時下として1944年(昭和19年)には中止。

終戦後、連合国軍最高司令官総司令部は軍事的に重要な道路路線を整備することを要求し、1948年(昭和23年)に「道路及び街路網の維持修繕五箇年計画」の覚書を出します。
日本政府は連合国軍の援助を受けながら、荒廃した道路の路面補修や橋梁修繕などを行うものの、財政的な制約や講和条約に伴い完全には実施されなかった。

1952年(昭和27年)道路法が全面改正され、道路は一級国道・二級国道・都道府県道及び市町村道に分けられます。
国道は一級国道と二級国道に分けられ、一級国道は国土を縦貫・横断し、又は循環して全国的な幹線道路網の枢要部分を構成。かつ、都道府県庁所在地などを連絡する道路(第5条)とされ政令で指定されました。

二級国道は、一級国道と併せて全国的な幹線道路網を構成し…。

1.都道府県庁所在地及び人口十万人以上の市(重要都市)を相互に連絡する道路
2.重要都市と 一級国道とを連絡する道路
3.港湾法で特に規定された港又は建設大臣が指定する重要な飛行場若しくは国際観光上重要な地と一級国道とを連絡する道路
4.二つ以上の市を連結して一級国道に達する道路

上記のいずれかを満たし、政令で指定される道路とされました。

一級国道は、1952年(昭和27年)12月に40路線(1-40号)が指定されます。※昭和27年12月政令第477号
二級国道は、1953年(昭和28年)5月に144路線(101-244号)が指定されます。※昭和28年5月政令第96号

路線番号は、二級国道は3桁とされ、基本的に北の路線から南へ行くに従って数字が大きくなるように採番されましたが、北海道は最後に回されました。

1965年(昭和40年)4月には、一級・二級国道が統合され一般国道になります。
1970年(昭和45年)4月には、一般国道になってから初めての指定が行われ、57路線(272-328号)が指定されます。
※昭和44年12月政令第280号

さて、北海道の国道ですが…。
以下左から、路線名・起点・終点・総延長(km)です。

国道5号 北海道函館市 北海道札幌市中央区 301.2

国道12号 北海道札幌市中央区 北海道旭川市 156.9
国道36号 北海道札幌市中央区 北海道室蘭市 133.8
国道37号 北海道山越郡長万部町 北海道室蘭市 84.4
国道38号 北海道滝川市 北海道釧路市 308.7
国道39号 北海道旭川市 北海道網走市 224.4
国道40号 北海道旭川市 北海道稚内市 295.2

国道227号 北海道函館市 北海道檜山郡江差町 69.8
国道228号 北海道函館市 北海道檜山郡江差町 172.6
国道229号 北海道小樽市 北海道檜山郡江差町 306.2
国道230号 北海道札幌市中央区 北海道久遠郡せたな町 213.6
国道231号 北海道札幌市北区 北海道留萌市 130.0
国道232号 北海道稚内市 北海道留萌市 189.8
国道233号 北海道旭川市 北海道留萌市 113.6
国道234号 北海道岩見沢市 北海道苫小牧市 69.6
国道235号 北海道室蘭市 北海道浦河郡浦河町 241.0
国道236号 北海道帯広市 北海道浦河郡浦河町 174.3
国道237号 北海道旭川市 北海道浦河郡浦河町 259.6
国道238号 北海道網走市 北海道稚内市 319.6
国道239号 北海道網走市 北海道留萌市 342.8
国道240号 北海道釧路市 北海道網走市 151.4
国道241号 北海道川上郡弟子屈町 北海道帯広市 172.1
国道242号 北海道網走市 北海道帯広市 233.8
国道243号 北海道網走市 北海道根室市 173.1
国道244号 北海道網走市 北海道根室市 153.9
国道272号 北海道釧路市 北海道標津郡標津町 113.4
国道273号 北海道帯広市 北海道紋別市 236.0
国道274号 北海道札幌市北区 北海道川上郡標茶町 389.1
国道275号 北海道札幌市中央区 北海道枝幸郡浜頓別町 314.9
国道276号 北海道檜山郡江差町 北海道苫小牧市 314.5
国道277号 北海道檜山郡江差町 北海道二海郡八雲町 60.9
国道278号 北海道函館市 北海道茅部郡森町 127.7
国道279号 北海道函館市 青森県上北郡野辺地町 161.6

国道333号 北海道旭川市 北海道北見市 169.9
国道334号 北海道目梨郡羅臼町 北海道網走郡美幌町 122.2
国道335号 北海道目梨郡羅臼町 北海道標津郡標津町 42.5
国道336号 北海道浦河郡浦河町 北海道釧路市 251.2
国道337号 北海道千歳市 北海道小樽市 103.3
国道338号 北海道函館市 青森県上北郡おいらせ町 259.2
国道391号 北海道釧路市 北海道網走市 152.7
国道392号 北海道釧路市 北海道中川郡本別町 84.2
国道393号 北海道小樽市 北海道虻田郡倶知安町 58.5

国道450号 北海道旭川市 北海道紋別市 136.3
国道451号 北海道留萌市 北海道滝川市 119.2
国道452号 北海道夕張市 北海道旭川市 125.3
国道453号 北海道札幌市豊平区 北海道伊達市 123.2

一般国道としては沖縄県の国道507号(糸満市-那覇市)が一番数字の多い国道になります。
47都道府県を、都・道・府・県と分けるまでも無く、北海道には全国の約1割に近い国道が存在しているという事ですね。
北海道は国土面積の約2割で国道が約1割、多いのか少ないのか…。

無駄な公共事業は悪者扱いですが、先日四国でも大雪が降り長野では激甚災害指定に…。
北海道の冬は、他都府県だと災害に直結し兼ねない天候が普通にあります。

国道を管理するための予算は必要です。除雪費だけでも膨大な予算になります。
それがあるから食っていける地元業者が多いのも事実ですが、実際に作業する人々は目の前すら見えないような猛吹雪の中でも、命がけで除雪をしています。

国道・県道(北海道では道道=どうどう)・市町村道・私道…。
道にはいろいろありますが、人間が生きていくために最低限必要で無くてはならないもののひとつです。

昔から衣食住足りて…なんて言いますけど、衣食住道なんて四文字熟語はいかがでしょう。
調べてみるとネット上にも無いのですが、衣食住も「道」が無ければ成り立ちませんものね。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0