三笠鉄道村 2014 vol.1

   14121902.jpg

過去記事の「三笠鉄道村 :: 2013/08/30(Fri)」を見て思い出した。
ブログ内には、ここの写真がほとんど無かったんだよなぁ(撮ってはいるけどアップしていない)。
ま、あらためてたくさん撮ってきました。

この場所について書き出すときりがないので、「三笠鉄道村」 のホームページもご覧いただければと…。

14121903.jpg   14121904.jpg

北海道で動態保存(動く蒸気機関車)って、ここ三笠と小樽と丸瀬布…。
ま、いろいろ変身する旭川のC11も一応…。

14121905.jpg   14121906.jpg

14121907.jpg   14121908.jpg

「テツゲン」「コークス」って何?って感じですね。
「株式会社テツゲン」は、現在も東京に本社がある資本金10億円の大きな会社です。
昭和14年(1939)1月に石炭販売を目的とする「明治石炭株式会社」として創立し、昭和18年(1943)9月に商号を「製鐵原料輸送株式会社」と改称しました。
戦後、石炭販売を主に室蘭コークス工場・炭鉱の経営を経て、昭和35年(1960)6月には商号を「株式会社 鐵原」と改めます。平成9年より水処理事業を中心に海外へも事業展開をはじめ、平成14年7月に「株式会社 テツゲン」と改称。

14121909.jpg   14121910.jpg   14121911.jpg

14121912.jpg   14121913.jpg   14121914.jpg

このS-304は、昭和14年(1939)に「日本車輌」で製造された機関車です。
日本製鉄輪西製鉄所(後の新日本製鐵室蘭製作所)向けとして、S-205とともに国内では最後まで現役で働いた蒸気機関車。

S-304主要諸元

製造年 1939年(昭和14年)
製造所 日本車輌
廃車年 1986年(昭和61年)

軸配置 C(3軸)
全長 8.386m
全高 3.550m
全幅 2.670m

最高速度 38km/h
動輪直径 1.067m
機関車重量 29.5t
ボイラ圧力 13kg/cm2
燃料積載量 1.8m3
水タンク容量 4.5m3

14121915.jpg

雨の中これに乗りますが、発射まで時間があるので館内へ…。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0