鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん)

鴻之舞鉱山の「金」は、佐渡金山・菱刈金山に次ぎ日本で第三位の産金実績があります。
現在の紋別市になりますが、紋別からは約25キロ今回は丸瀬布町から上藻別駅逓へ向かう途中に通過しました。

   15010202.jpg

北海道には広範囲に砂金が採れるエリアがありますが、枝幸のパンケナイや中頓別のウソタンナイなど明治30年代頃には「ゴールドラッシュ」となりました。

15010203.jpg   15010204.jpg

鴻之舞では、1940年(昭和15年)には年間金2.5トン、銀46トンを産出。1955年(昭和30年)には金年間2.98トンの最高産出量を記録し、操業開始から1973年の閉山まで、約73トンの産金をしたそうです。

15010205.jpg   15010206.jpg

鉱山は発展し、最盛期(1942年頃)には鉱山労働者とその家族の居住する街区が、藻鼈川・道道に沿って人口13,000人程を数えるまでになったそうです。

15010207.jpg   15010208.jpg

かつての集落の痕跡は見当たらなく、町名の碑だけが点在していました。

15010209.jpg   15010210.jpg

上藻別の駅逓には、鴻之舞の歴史も多く展示されていました。

15010211.jpg   15010212.jpg

15010213.jpg   15010214.jpg

15010215.jpg   15010216.jpg

小樽の今堀喜三郎は少年時代から鉱石に興味を持っていたそうで、明治43年(1910)商用で紋別に来たのを機会に、モベツ川の探査を行い石英転石の多さに驚き金鉱脈が存在するのを直感。紋別の漁師・沖野永蔵に探査を託し、沖野は友人の印刷業を営む羽柴義鎌とともにモベツ川探査に乗り出し、大正3年(1914)上モベツ6線沢で金鉱の露頭を発見しました。これが山王鉱山。

大正4年(1915)秋、モベツ川上流の「金竜の沢」で砂金を発見し鉱区の出願をしたものの、共願者が相次ぎ鉱務所による臨検がなされる。沖野と羽柴はこの臨検に備えるため正確な略図が必要とし、翌5年の1月クオマナイの沢に出かけ「元山大露頭」を発見します。

大正5年(1916)3月13日、鴻之舞鉱区の設定は代表・沖野永蔵、共同権者・羽柴義鎌の名をもってなされたものの、共願合戦がはじまります。
共願合戦は飯田嘉吉の飯田組と沖野永蔵の沖野組の間でしのぎを削り、結局は両者の間で協同組合の組織で運営をするべく協議の上合意がなされました。

大正5年6月13日共同鉱業権代表者・飯田嘉吉として登録手続きが完了し、鉱業権所有者は沖野永蔵、羽柴義鎌、今堀喜三郎、飯田嘉吉、池沢亨、岩倉梅吉、中野半次郎で、鴻之舞七人衆といわれました。
そのほか鉱床発見の功労者である鳴沢弥吉と橘光桜は出資金を免除の上組合員とし、鉱山長には吉田久太郎を迎え入れました。

共同組合による業績はすばらしい成績を上げたものの、予想以上の運転資金が必要で組合では背負いきれない事業であり、そんな時に三菱鉱業・住友鉱業などから買収の話があり、組合は論議の末に売山の意見にまとまります。

大正6年(1917)2月18日、住友鉱業との間で売買契約が成立し、住友では鴻之舞鉱山の鉱区内における一切の権利および施設を90万円で買収することになりました。

90万円の金は、羽柴義鎌が15万円、飯田嘉吉14万円、沖野永蔵13万円、池辺亨11万円、今堀喜三郎7万円、岩倉梅吉5万円、吉田久太郎5万円、橘光桜3万円、鳴沢弥吉3万円(中野は不明)、の分配をしたそうです。

ちなみに、明治32年(1899)にウソタンナイでの最初のゴールドラッシュの頃は、「一人が一日200グラムを連日にわたって採取できたそうです。
当時地元での砂金の値段は一匁(3.75g=五円硬貨の重さ)あたり4円として…。
200g÷3.75g≒53.3匁になりますから…。
4円×53.3匁≒213円ほどの金額になります。

当時一人前の大工の賃金が1日80銭だったそうなので、213円÷0.8円≒大工の266倍。
現在の大工の一人工を少なめに15,000円としましょうか、それでもとんでもない稼ぎになるのですから、運が良ければ大金持ち、まさに一攫千金を狙って多くの人々が狂喜乱舞…。そんな時代だったのでしょうね。

ちなみに1万円は上記の計算ですと大工の一日の稼ぎ1万5000円の1万2500倍なので1億8750万円です。
3万円貰ったとしても、5億円以上になりますね。

15010217.jpg   15010218.jpg

1932年(昭和7年)から1952年(昭和27年)にかけて、石北本線丸瀬布駅と鴻之舞を結ぶ索道「鴻丸索道」による物資輸送が行われていたそうです。
鉱山が栄えたころの1943年(昭和18年)から1948年(昭和23年)までの短い期間には、紋別中心地と鴻之舞との間に鴻紋軌道が敷設されていたそうです。

ちなみに上記の大金持ちになった人々のその後は…。
↓に書いておきます。

羽柴義鎌
栃木県出身で鴻之舞発見者の大殊勲者である羽柴は、面長でひげが濃く斗酒なお辞せずの風貌があった。印刷業でありながら文筆の才能にも富み、網走新聞社の支局長も努め、売山後間もなく一番最先に紋別を引き揚げ、東京の小石原に寓居した。たまたま第一次大戦の好況期に遭遇して新会社の設立に関係したのが災いし、大正8年からのパニックで全ての産を失ったことは有名である。婦人の清乃は昭和33年に死去、子息の栄一は慶応大学を卒業後、現在は東京西大崎に住んでいる。

沖野永蔵
ホタテ漁のかたわら、余暇があれば夢を砂金探査につないでいた人物であるが、売山後は漁業をやめ、沢田という技師を招き、市内の大山水源地付近で金山開発に着手した。約1年間にわたり坑道を掘進し探鉱に努めたが失敗に終わり3万円ほどの大金を失った。大正7年頃金沢市の七宝町に引き揚げ豪華な居を構えたが、ここでもまた宝達山という砂金鉱に手を出して大金を失ったと伝えられている。

飯田嘉吉
明治31年徳島県移民団体長として市内渚滑に入植したが、間もなく居を紋別に移し、渚滑、滝上両町にまたがる造材業を一手に収め紋別の有志として声望があった。渚滑川が久しきにわたって飯田流送組の独壇場であったことは世人のよく知るところである。「紋別漁業港」築設に奔走してその実現を図った恩人でもあった。売山後は北見木材株式会社を起こし、渚滑駅前で大規模な製材事業を経営したが、大正11年8月の風水害による渚滑川の出水で木材約10万石を流失し、さらに翌12年には関東大震災のあおりで取引先からの手形被害などが重なる不運で再起不能となったことは惜しまれている。晩年は東京青山で余生を送り昭和8年死去した。

池沢 亨
明治37年渡紋し、紋別村の初代村長や湧別村長を歴任した。売山後は鉱業一筋で終始、大正7年・生田原ウラシマナイの鉄鉱山で約5万円の損失を被ったといわれている。大正13年からは札幌の寓居で余生を送ったが、昭和6年から8年にかけて後の鴻之舞・山王鉱の前身である山王鉱山を開発し、昭和12年死去した。

岩倉 梅吉
売山仲間では最後まで財を失わなかった一人で、大正8年紋別町の初代町長を努めるなど町の公職にも参画して町勢の発展などに終始努力をした。明治、大正、昭和にわたり実業界で活躍し、紋別随一の資産家としてしられていたが昭和26年8月死去した。

今堀 喜三郎
発見者中の最年少者であった彼は売山後、札幌に居を構え鉱業人として道内足跡至らざるところなく、この間幾十の鉱山開発に関係して、沼の上、下川などの鉱山は有名である。金には恬淡でよく儲けもしたが気前よく散じるといった鉱業人の典型的な人物であった。晩年は「三菱金属鉱業札幌支店」の調査係・顧問格を努め、昭和31年には本道鉱業開発の功労者として知事賞を受け、昭和34年2月死去した。

橘 光桜
宮城県の出身で鉱業を語れば漢語まじりで談論尽きるを知らぬ熱血漢であった。売山直後、丸玉旅館・高橋兼太郎の愛嬢ハツ子を妻に迎えて二重の幸運に恵まれ鉱業には烈々たる闘魂を傾けただけに、武雄威鉱山を開発して業界にその名を知られた。現在は郷里において余生を送っていると伝えられている。

鳴沢 弥吉
市内モベツ村農業開拓の草分けといわれる、先代・鳴沢小十郎の長男で、鴻之舞を住友に売山するときに人まで付けて売られたと聞くと一瞬ドキリとする話であるが、鳴沢弥吉こそその人であり、住友が操業に入ってからも十数年にわたり開発に協力をした。銃を肩に蚊や虻の群がる山中での地表探鉱は通常人のよくするところではないが、鳴沢は持ち前の闘志と健脚で頑張りぬき、どんな笹薮でも平気でこぎ抜ける技や、谷間で苔の被った石英の転石を見つける目の早さ、深山に分け入ってその方向を誤らぬ勘の良さなどは余人の到底およばぬところであり、後に音羽鉱山の記録を残している。昭和32年1月に死去。

吉田 久太郎
売山後は住友から優遇され、八十士砂金山や鴻之舞周辺の隣接鉱区買収に働いたが、札幌では佳人を落籍して業界に艶名を馳せたことも有名である。その後株式市場に手を出して失敗し、吉田こそは、華やかな前半生に比べ没落の後半生を歩み早逝したと伝えられている。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0