上藻別駅逓所 vol.1

   15010502.jpg

駅逓関連は、「旧島松駅逓所 vol.1 ~外観~ :: 2014/12/01(Mon) 」をはじめ過去記事にいろいろあります。
島松駅逓所は1873年(明治6年)の開設で、北海道の駅逓の中でもかなり古いものですが、上藻別駅逓所が開設されたのは1925年(大正14年)。鴻之舞鉱山の操業とともに、往来が盛んとなって設けられた駅逓のようです。

15010503.jpg

増改築を経ても現存する駅逓として貴重な建物で、「文化庁の登録有形文化財」になっています。

15010504.jpg   15010505.jpg

15010506.jpg   15010507.jpg

15010508.jpg   15010509.jpg

雨の日にやっとたどり着くことができました。
並々ならぬ努力の末、今のこの駅逓を管理されている人々に会えました。
入場料は無料です。

15010510.jpg

民間ではなく官設として建てられ、その後宿となり民家となった。

15010510_1.jpg

当時の懐かしい品々が展示されていました。
古物商にとっては垂涎のコレクションですね。

15010511.jpg   15010512.jpg

15010513.jpg   15010514.jpg

15010515.jpg   15010516.jpg

15010517.jpg   15010518.jpg

個人的にはストーブ関連が気になってしまいます。

15010519.jpg

特に「ストーブ台」。(笑)

15010520.jpg

さぁこの奥は鉱山関連の展示ですが…。
ん?なぜか「ルパン三世」の色紙がある。

「ルパン三世」の作者と言えば「モンキー・パンチ」。浜中町の出身として地元では様々なルパン関連で盛り上がっているようですが…。元画像を拡大してみると、この色紙には、「60年〇〇?の思い出の地です」と書いてあります。

ネット上には、モンキーパンチの故郷は浜中で実家は漁師とか…。
鴻之舞の生まれで、3才までここに住んでいた…。
事実は判りませんが、案外そうなのかもと思います。

ちなみに、「鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん) :: 2015/01/04(Sun) 」に、「銀色の道 誕生の地」の碑があります。
「銀色の道」と言われたってピンと来ない方も多いでしょうが、「Yahoo!動画」に、若き日のダークダックスが歌っているのがありました。

ちなみに作曲の宮川泰さんは、後に「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌など多くのヒット曲を生み出した人物ですが、宮川泰さんも鴻之舞に住んでいたことからゆかりの地として碑が建てられたようです。

宮川さんがこの歌詞を作詞家の塚田茂さんから渡されたとき、どことなく懐かしさを覚え少年期を過ごした鴻之舞を思い浮かべたそうです。土木技術者だった父が携わった「鴻紋軌道」のレール跡の水たまりに月の光が映る姿を見た記憶から銀色の道をイメージしたそうです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0