FC2ブログ

アンデスヒメサワギキョウ



「サワギキョウ」の話題になったので、写真蔵から引っ張り出しました。(笑)

相変わらずの「アンデスヒメサワギキョウ」という流通名(通称・別名)ですが…。
原産は、南米・オーストラリア東部の高山で、湿原かどうかは判らないけど水分は多めで栽培ですね。

キキョウ科のヒプセラ属で間違いなさそうです。
Hypsela reniformis = ヒプセラ レニフォルミス

草丈は5cm程度、花径は2cm程度で、グランドカバーになるほどに増殖します。
地植えでどこまでイケルのか栽培実験しなくては…ですね。


追記
日本で小型の「サワギキョウ」と言えば、やはり屋久島にあります。
屋久島コレクションに加えたい一品で、A様にあります。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0