「アズマイチゲ」と「キクザキイチゲ」なのかな?

  15042702.jpg

15042703.jpg  15042704.jpg

15042705.jpg  15042706.jpg

この花加減は「キクザキイチゲ」だと思い込んでいました。
しかぁ~し、ある一枚が疑問を投げかけてくれて調べてみました。

15042707.jpg

葉の形が違います。
↑は、アズマイチゲ Anemone raddeana かと思いますが、葉の先の切れ込みがありません。
昔、何かで旭川市周辺ではエゾイチゲとアズマイチゲの交雑種…というようなものを読んだ記憶がありますが、それはそれでチョット違うような気もしますが…。

ある一枚と言うのがこちら。↓
葉の切込み具合がまるで違います。
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica として良いのではないでしょうか。

15042708.jpg

それにしても謎ですね。同じエリアで撮っているのに…。
元々違う種がこの地にやって来たのか。それとも一つの種が先祖帰りの個体差として存在しているのでしょうか。

15042709.jpg

さらに謎なのは、ここには群落になっているものの、カタクリやエゾエンゴサクなど「スプリングエフェメラル」を彩る他の類がひとつとして咲いていません。

逆にカタクリやエゾエンゴサクなどが咲いているすぐ近くのエリアにはニリンソウはあるものの、このアズマかキクザキか判りませんが、これらの花はまったく一輪すら咲いていません。

別のエリアで遠目に真っ白になる場所があるので、気になります。。。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2015, 05. 02 [Sat] 01:34

No title

■ チョコ 様

エゾイチゲやヒメイチゲは、北海道の固有種になるのかもしれませんね。

アズマイチゲやキクザキイチゲと比べると、ほんの少しだけ里から山へって感じ。

Edit | Reply | 

チョコ  2015, 04. 30 [Thu] 16:29

No title

こんにちは。きれいですね。
山野草の類は見る機会があまりないのですが、ネット上でキクザキイチゲを見てから、本物を見たいと思っていたところ、昨年福島へ行った折に南湖公園でこれがそうかな、というのを見かけて撮影しておきました。
今こちらで、アズマイチゲというのもあると知り、写真を見直してみたら葉っぱに切れ込みがありましたので、これはキクザキイチゲだったとわかりました。
どちらにしても名前も素敵ですね。

Edit | Reply |