アポイカラマツ

  15053102.jpg  15053103.jpg

アポイ岳の開花カレンダー | 「アポイ岳ジオパーク」公式サイト-北海道様似町を丸ごと楽しむ大地の公園

…というサイトがありました。
とても判り易いお勧めのサイトです。

「アポイカラマツ」 キンポウゲ科
Thalictrum foltidum var. apoiense(タリクトルム フォルティドゥム アポイエンセ)
・形態 高さ30cm内外の多年草。下部の葉は3~4回出複葉で、小葉の先は3つに裂ける。葉脈は著しく凹み粉白色を帯びる。花弁はない。
・花期 6月
・生育地 6合目から上部岩礫地
・その他 固有変種
・名前の由来 「唐松(落葉松)」で、松葉の新芽の出る様子に花が似ていることから付けられた。

他のサイト…。
アポイカラマツは北海道のアポイ岳と大平山に特産する高山植物で、アポイ岳では5月下旬から6月にかけて、中腹から上のカンラン岩の岩場でエゾキスミレやサマニユキワリとともに咲いているのを見ることができます。他の超塩基性岩地に生える植物にみられるようにアポイカラマツも植物体全体が紫がかっており、花のつくりはコカラマツやヒメカラマツによく似ていますが、4つの萼片や花糸まで紫色に染まり、葉の色が青灰色となっているのが特徴です。

そろそろ株分けができそうなくらい、ミニミニロックガーデンで大株になってきました。
園芸屋さんでは、それほど見かけることがありません。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0