ポロヌプリ アズマギク



「ポロヌプリ アズマギク」。
アズマギクを漢字で書くと東菊、つまり東日本に自生する菊の事。
ミヤマアズギクは、高山に分布するアズマギクの総称ですが、北海道ではアポイやユウバリ…。

ポロヌプリ山(841m)は、道北の枝幸町歌登にある石灰岩の山です。
北海道の背骨である日高の山々の北の端、神威岬に至る最後の山です。

西興部村にも「ポロヌプリ岳」という、同じく石灰岩の山がありますが、歌登の「ポロヌプリ」には珍しい花があることが知られていて、お花畑にはミネズオウ・イワウメ・ミヤマキンバイ、ハイマツの中にはキバナシャクナゲ・チシマザクラが多く咲くそうです。

南峰の南側は大きな露岩があり、キリンソウ・ミヤマオダマキ・ミヤマアズマギクなどが咲き、函岳・敏音知岳・松音知岳…、お天気が良ければ利尻山も展望できるそうです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0