雪割草の仲間 

  15062614.jpg

・レオントポデイウム aff. ナナム (CWネパールヒマラヤ・マナン4500m)先が丸く灰白色・小葉のロゼットがマット状に密生。花の中心(頭花)は黒褐色で自生地では一個。丈5cm、非常に小型で個性的。 800

・レオントポディウム・ニワレ「細葉タイプ」 バルカン産のピリンフォームよりも葉の白さが淡く細葉だが、このタイプも優品。ピリンフォームより強健。  800

↑@アルム様

かなり小型のウスユキソウです。
過去に何度か枯らしましたが、今回は増やせるほどに…。

きっと栽培技術の腕が上がったのでしょう。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

あず  2018, 05. 06 [Sun] 19:15

To ヤマンバッカさん

本州のウスユキソウは「早池峰」や「ヒナウスユキソウ」だったかな?
たしか「ヒナウスユキソウ」は消えたはずです。

〈自分は何度も登っては見たんですが、見つけられませんでした。…〉

お~すばらしい行動力。
旭川から近いと言えば芦別の「崕(キリギシ)山」ですね。
現在は盗掘が相次ぎ一般の登山は禁止になっているはずですが固有種の宝庫です。ググってくださいね。

北海道の南北には縦に山脈があります。
日高山脈・夕張山脈…。旭川の神居古潭も蛇紋岩が露頭。
さらに北限へと続くのですが…。

〈ウスユキソウでもエーデルワイス系の花が可憐でひかれますが、…〉

国内で可憐と言えば「オオヒラウスユキソウ」がお勧めですよ。
エーデルワイスのイメージよりはかなり小型。
野のエーデルワイスではなく高山植物のウスユキソウ…。

〈大平ウスユキソウについて調べてみます。〉

北海道には独自な地形により亜種が多くあります。
スミレだけでも、かなりの個体種がありますよ。

Edit | Reply | 

ヤマンバッカ  2018, 05. 05 [Sat] 06:42

可憐で美しいね

素敵なウスユキソウの画像拝見しました。

ウスユキソウも仲間が多く、有名な?早池峰ウスユキソウしか正直知りません。

ウスユキソウの仲間は、地元広島では蛇紋岩の山の山頂の岩場で見られすそうですが、

自分は何度も登っては見たんですが、見つけられませんでした。

種類はずばりウスユキソウらしいです(笑)

ウスユキソウでもエーデルワイス系の花が可憐でひかれますが、

広島でもその仲間が見られることは奇跡です。
いわゆる、蛇紋岩マジックってヤツですね!

大平ウスユキソウについて調べてみます。
北海道は高山植物の宝庫だから、里山が多い準平原と呼ばれる地形の中国地方からすれば
憧れです。

中国地方の山は人の手が加わった二次林?の山が多いので
天然の山に憧れますね〜

Edit | Reply |