レウイシア・レディビバの戦略

   15071402.jpg

↑6月10日

咲いた咲いたと素直に喜んだ。
そして、種がたくさん採れればたくさん増やせるかも…、と夢を見た。

しかし…。

↓7月10日

15071403.jpg

「開花=採種」のイメージがガラガラと崩れ落ちた。
種を持っていそうなものも、「ドライフラワー」のようになって茎が枯れてとれてしまうのです。

どれもこれも種の一粒すら採れなかったかと…、泣く泣く来年は人工授粉をしなくては…。
…と夢想していた。

ところが、その「ドライフラワー」のようなものを何気なく観察していると…。
「おや?タネ!」
種らしき黒い粒が一つ転がりました。

そこでピン!ときたのが、「レウイシア・レディビバの戦略」です。

どうでしょう、想像できますか?

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0