終着駅の車止め ~札沼線 新十津川駅~

  15071702.jpg

第2種車止めは、鋼材を組んで作られたもので、材料には古レールなどの既存資材を活用した例が多く、増毛駅も同じタイプですね。

15071703.jpg

奥に見えるのが「新十津川駅」です。
留萌本線は廃線へ向けて動き出しましたが、このレールを見ると解るように保線がままならない…。
最低限の管理しかできないのだと思います。

「JR北海道」の経営もありますが、そもそも北海道の既存路線をすべて自前で賄う事なんて無理なお話し。
行政として、観光と結びつく路線の存続を模索しなくてはいけません。

どんな地域でも鉄道が開通した時は、町をあげて提灯行列ができるようなお祭り騒ぎだったはずです。
時を経て、当初の物流だけの目的ではバスでもトラックでも良いことになりますが、札幌と沼田(現在は新十津川まで)まで、なぜ鉄道が走っていたのか、それらを知り近隣に魅力のあるものがある。

「札沼線に乗ってみたい…」、それが無くては、ただ廃線を待つのみです。

15071704.jpg



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0