遠別町の道の駅 ~富士見~

   15080502.jpg

遠別町と聞いてもピンと来ないかもしれません。
道民でも知らない方が多いかと…。

地図で言いますと、稚内市から左側の日本海を南下して、天塩町の次が遠別町です。
国道232号「日本海オロロンライン」の中継点にあるのが、道の駅「富士見」です。
丘の上にあるメイン施設には、レストラン「とんがりかん」があり、晴れた日には日本海を挟んで利尻富士を望むこともできる絶好のロケーションです。

また道の駅の裏手の「富士見ヶ丘公園」には、「パークゴルフ場」や「農村公園」「ログハウス」などがあるそうです。

15080503.jpg   15080504.jpg

まずはお買い物。
遠別漁業協同組合の最大のウリは、全道トップクラスの生産量である「ミズダコ」。
それと5~6月に漁獲される「ヒラメ」です。
ヒラメは蓄養水槽で保存され、活魚で全国に出荷が可能です。
その他の海産物も多数あります。

15080505.jpg   15080506.jpg

↑そんな中、ここにもあった!大東食品の「鮭 重ね巻」。
一袋で二度楽しめる「鮭と鰊の昆布巻き」。
厚岸の㈱近海食品の「炭焼さんま丼」。

15080507.jpg

前回は10年以上前なので、念のためカントリーサイン類も…。
その時の味が忘れられなかった「かまぼこ」も健在でした。

15080508.jpg   15080509.jpg

「たこ天かまぼこ」と「いか天かまぼこ」を購入。
多少時間が掛かりますが、作り置きをせずに注文を受けてから揚げてくれました。

15080510.jpg   15080511.jpg

どっちがどっちか判らなくならないように、タコとイカのシールが袋に…。

15080512.jpg

左がタコで、右がイカです。
どちらも美味しいですが、個人的にはタコかな?

15080513.jpg   15080514.jpg

15080515.jpg   15080516.jpg

あ~満足。…と思ったものの、売り切れの「まるごと遠別 コロッケ」が気になってしまいます…。
「ホタテが丸ごと+タコのコロッケ」…、またきっと再訪することになると思います。(笑)

15080517.jpg   15080518.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0