FC2ブログ

白滝

   15080905.jpg

旭川紋別道の「道の駅 しらたき」では、いつもの缶詰を買わず後悔…。
久々に下道を走ったわけは、「白滝発祥の地」の碑。

かつてより悪路に疲れた通行人たちの清涼剤とも言うべき景勝地として親しまれてきたこの川は、河床の巨大な岩石が露呈するほどの険しい地形を流れ、流水が飛瀑状の水しぶきをあげて岩肌も霞んで見えるほどの美しい川で、誰ともなくこの川の付近一帯は人々から白滝と呼ばれていました。
大正11年の全道的な大雨により、川が氾濫しかなりの被害が出たため、当時の川の形は変わってしまいましたが、現在もその面影を眺めることができます。
昭和21年、遠軽町から分村した際にそのまま村名として命名されました。 @えんがるストーリー

15080906.jpg   15080907.jpg

村名白滝発祥の地  由来

 勇別川の上流、下白滝駅より南方五〇〇メートルの地点に滝がある。河床は巨大な岩石が露呈する程、地形まことにけわしく、そのため流水ことごとく飛瀑状となり水しぶき八方に飛散岩肌もかすんて見える壮絶快絶そのものであった。悪路にあえぎ乍らやっとの思いで通行する人々の心をして一服の清涼剤ともいうべき景勝で、誰いうこともなくこの付近一帯を白滝といわれるようになった。
 大正十一年八月二十二日より二十五日まで降り続いた雨は時として豪雨になり全道的に非常な災害をもたらしたと報じられているが本村域内においても湧別川、支勇別川の一部が氾濫しかなりの被害があったが、この洪水により景勝白滝も変容してしまい昔の威容は減じたものの、昭和二十一年開村の際、村名としたものである。

15080908.jpg   15080909.jpg

過酷な生育環境ですが、キリンソウが咲いていました。

15080910.jpg   15080911.jpg

碑には滝が変容とありますが、白い滝を見ることができました。

15080912.jpg   15080913.jpg

川まで降りられたら黒曜石探しをしたかったけど…。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0