今年最後のトウキビかな?



最後最後と言いつつ、たくさんの美味しいトウキビが届きます。
前回は、茹でトウキビを、「コールスロー」にしてみたり…。

・コールスロー
コールスローの歴史は長く、おそらくは古代ローマの時代から食べられてきたと考えられている。しかし近代的なコールスローの人気が高まったのは18世紀になり瓶詰めのマヨネーズが発明されてからであった。英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の "koolsalade"(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものだが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って "cold slaw"(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあった。英語の "cole" には本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、これはまたオランダ語 kool の語源ともなっている。その後 "cole" の意味が復活して英語でも coleslaw と呼ばれるようになった。今ではこの "slaw" の部分が独立してひとつの単語のように扱われることも多く、キャベツ以外の野菜を用いた「コール」スローでない別のスロー(ブロッコリースローなど)も知られている。@Wikipedia

ま、ケンタッキー風の「コールスロー」は簡単に作れましたって感じです。

今回は、チラッと醤油を垂らして焼きトウキビに。。。
これがまた、砂糖をまぶしたくらいに甘くて、ペロッと一本食べてしまった。

ふと思ったのは、オール電化でIHクッキングヒーターの場合は直火で炙るなんてことはできない。
もちろんヒーターで焼くような作業はできるけど…。

ま~、薪ストーブ(鋳物ではなく鉄板系のヤツ)が一台あれば、お湯も沸かせて煮炊きも出来て…。
クッキングストーブも捨てがたいけれど、安い薪ストーブがあれば十分です。

冬が近づくにつれ、そんな生活をしたいと思う気持ちが強くなります。
宝くじが当たったら、そんな生活のできる小屋を創りたい。。。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0