旭川 「アロニアの里・ピルカノ(美麗)」



珍しい「アロニアのソフトクリーム」。
どこだったっけと探したらホームページがありました。

「アロニアの里・ピルカノ(美麗)」

明治25年に秋田県人、伊藤傳三郎氏よって未開の大地に最初の鍬が入り、先人達の幾多の苦難の末に現在の景観豊かな地域環境が生み出されたのです。
現在の地域環境は、旭川市街から約6kmと至近距離に位置した地の利、【富沢特認小学校】【ふれあいの家】【カムイの公園】【富沢多目的運動広場】等の施設群、さらには古来から大いに悩まされてきた暴れ河川を護岸と共に全面改修、幹線道路の整備、富沢峠の改修等、往時では想像すら出来なかった地域環境の整備が為されてきました。 しかしながら、どの農村地域にも見受けられるように、当地も過疎化と高齢化に悩まされ、農業後継者不足もあって地域の未来発展が描けない状況にあります。 そのような状況下において、地域展望を描く上で次の内容により地域活性化の取り組みを進めようとするものです。

※なんだか解るような判らないような内容ですが、「斉藤牧場」の牛乳を使ったソフトがあると言うだけでも価値あり。

15112702.jpg   15112703.jpg

寒豚(しばれ豚)というブランドは、旭川市民でも認知度が低いかもしれません。
とは言え、一度食べてみたいものです。夢は「生ハムづくり」。(笑)

15112704.jpg   15112705.jpg

小さな「道の駅」のようでもあり、大きな農家の無人販売所のようでもあります。

15112706.jpg

価格は、かなり安いものも有るらしいです。
普段スーパーとか行かないので判りませんけど…。(笑)

15112707.jpg   15112708.jpg

15112709.jpg   15112710.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0