FC2ブログ

アルム購入品 ~2015~ vol.2

   15122602.jpg

カンパヌラ・カルパチカ「アイスブルー」  C.カルパチカ「アイスブルー」(基本タイプとは異なり淡いブルー花で優雅。多花性。強健種。20cm。600 @アルム様

Ad_20n_steno_pale.jpg



15122603.jpg

ロスラリア・クリサンタ「 エルブルースNo1」 Rosularia chrysantha No1(コーカサス山脈・エルブルース山産)
ロゼットは美しいオリーブグリーンで白花、多花性。 500 @アルム様

Rosularia_chrysantha.jpg



15122604.jpg

アクイレギア・アルピナ Aquilegia alpina
アルプス~アペニン山脈に分布。草丈は産地と標高により異なる。普通は大型だが、その矮性の系統。個体差はあるが丈20cm余りで開花、花は青紫の一色で、平開気味に開く。700 @アルム様

Aquilegia_alpina.jpg



15122605.jpg

ロスラリア・セドイデス Rosularia sedoides (インドヒマラヤに分布)
非常に小型の種。白花で花茎は、ほぼ無茎。丈3cm。 600 @アルム様

Rosularia_sedoides.jpg



15122606.jpg   15122607.jpg

15122608.jpg

・パパベル・ヌディカレ

・パパベル・アルピヌム Papaver alpinum (タカネヒナゲシ、ミヤマヒナゲシ) アルプス・カルパチア原産の有名種。 400

・パパベル・ラエチクム Papaver rhaeticum CWイタリアアルプス・ドロミテ。多毛の小型種。欧州産ヒナゲシの優品。黄色花。10-15cm 700 @アルム様

Papaver_rhaeticum.jpg



15122609.jpg   15122610.jpg

コリダリス「カシミール ブルー」 Corydalis cashmeriana hyb. 'kashmiri blue'
コリダリス ・カシュメリアナ♀とコリダリス・フレクスオーサ♂の交配種。カシュメリアナに似た形態で、少し大柄な程度。多花性で花期が長く、肥培が良いと美しいブルーの花を次々と花を咲かせる。誕生から命名まで10年以上過ぎ、2013年に初販売のアルム・オリジナル交配品種。 (限)1800 @アルム様

Corydalis_kashmiri_blue2.jpg



15122611.jpg

L.レディビバ・ミノール Lewisia rediviva v. minor (CW ネバダ Peavine山 2600m)
基本種より小型で白花。1500 @アルム様

Lewisia_rediviva_minor.jpg



15122612.jpg

レディビバ・ハウエリィー赤花



15122613.jpg

L.コチレドン赤花 Lewisia cotyledon(原種からの実生選抜系) \700 @アルム様



15122614.jpg

L.ロンギペタラ Lewisia longipetala (小型種)赤味を帯びた細葉、花はシェルピンクで美しい。 800 @アルム様

Lewisia_longipetala.jpg



15122615.jpg

L.「アルム クリーピング」



15122616.jpg

L.トゥイーディー 「イエロー」 Lewisia tweedyi 'Yellow'
近年話題の淡い黄色花の系統。実生苗につき多少の色幅がある。限定14株 2500 @アルム様

L_20tweedyi_yellow.jpg



15122617.jpg

Lilium formosanum var. pricei white form
ユリ科 ユリ属

草丈、15cm-50cmの球根植物です。
ヒメタカサゴユリは、台湾に分布するタカサゴユリの高山に適応した変種です。このユリは、花びらの外側も白いユリです。
札幌以南では越冬できます。新鮮で水はけよい土壌の日当たりを好みます。タカサゴユリはウィルス病に敏感です。アブラムシの防除に努めます。札幌では7月中旬に開花します。 @札幌市公園緑化協会

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0