FC2ブログ

マダガスカル産アンモナイトの化石



まさに螺鈿細工を発想した原点とも言える自然の造形美。

151227a002.jpg

全体像はこんな感じで、アンモナイトのスライスです。
隔壁内に窪みがあり、マイナス評価と思いきや…。

151227a003.jpg

そこには、長い年月を経て何かしら結晶化した姿に時の流れを感じます。
まさに悠久のロマンですね。

151227a004.jpg

加工はどこなのか判りませんが、表面をもっと磨けば縫合線も綺麗に表現できそうです。

・地球の歴史
メキシコのユカタン半島付近に直径約10kmの巨大隕石が落下し、地球上の生物の大量絶滅に繋がったとされるK-T境界。
約6550万年前の中生代と新生代の境目に相当するとされています。

恐竜を代表とする大型爬虫類やアンモナイトや植物類にも多数の絶滅種があり、種のレベルで最大約75%の生物が絶滅し、個体の数では99%以上が死滅したとされています。

つまり、少なくても約6550万年に生きていた命。
時を経て化石という姿で我が家へやって来た。

人間は長生きしたとしても100年も生きたら大したものだ。
そうすると単純計算で、あなたの65万5000世代前のご先祖様の時代です。

ちなみに、人類は約540万年前にアフリカ大陸のアウストラロピテクス属が登場したことになっていますけどね。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0