FC2ブログ

ラリマー



去年の暮れに「爆買い」まではいきませんが、チョイと多めに買ってしまいました。

ラリマーは「ペクトライト(ソーダ珪灰石)」の仲間ですが、透明・または半透明なペクトライトに、不純物として含まれる銅により水色になるとのこと。

産出地[は、ドミニカ共和国・バハマ国で見つかっているものの、採掘が行われているのはドミニカ共和国にあるパオルコ鉱山のみだそうです。

パワーストーンとしては、チャロアイト・スギライトと共に世界三大ヒーリングストーンの1つとされているようですが、ラリマーは希少という事で高騰し高値で取引されています。

ちなみに、ラリマーの語源は発見者の1人であるドミニカ人ミゲルの娘「ラリッサ」と、海を表すスペイン語「マール」の組み合わせという説が有力のようです。

16010602.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0