FC2ブログ

日本最北の味噌蔵 「トモエ」 ~福山醸造~

北海道では「トモエ」で有名な「福山醸造」の前身は福井県の回船問屋。

・明治二十四年十一月醤油製造業 福山商店として札幌で創業
・大正七年十月苗穂工場を設立
・昭和十八年六月福山食料工業株式会社に法人改組
・昭和二十六年十一月トモエ醤油株式会社に社名変更
・昭和三十年四月福山醸造株式会社に社名変更
・昭和四十七年十月味噌の製造を北海道味噌株式会社に移管
・昭和四十九年五月醤油の製造を北海道醤油株式会社に移管



たぶん北海道での味噌シェア率はかなり高いと思いますが、作っているのは実は旭川なんです。

北海道味噌(福山醸造旭川工場)のみそ工場は、日本国内最北のみそ蔵です。 みそ工場は、北海道のほぼ中央、大雪山系の峰々にほど近い寒冷地旭川市にあります。厳寒期にはマイナス20度を下回る気温となり、盆地であるため夏は30度を超える日も多くあります。 川の街として知られる旭川市には、大雪山を源流域として、命脈石狩川に流れ出る支流が多くあり、その川の1つ1つが命を育み、産業を潤し、家庭をゆたかにしてくれています。

旭川工場では1968年から味噌の生産を行っています。当時、醗酵タンクは木製。そして当時から棲みついている乳酸菌やこうじ菌といった蔵癖(くらくせ)がおいしい味噌づくりにも脈々と活きています。これらは伝統が育んだおいしさの宝物。トモエブランドの貴重な財産です。丁寧に真心込めてつくる味噌は、いくつもの安全・安心のチェックを経て、最後に人の目による厳しい検査を経て、皆様の元へお届けしています。

「北海道の恵み」を始めトモエの味噌づくりを行っているのは、日本最北の味噌蔵、旭川味噌工場です。昭和42年設立。北海道最高峰の旭岳をはじめ、北海道の屋根と呼ばれる20連峰に及ぶ大雪山系の麓に位置しています。雄大な自然に見守られた旭川は、厳寒期にはマイナス20度を下回り、盆地であるため夏は30度を超える日も。この寒暖の差が激しい気候が、味噌づくりには最適。また大雪山を源流域として、石狩川に流れ出る支流となって流れ込み、おいしい味噌づくりに大きく貢献しています。素晴らしい大自然の恩恵に囲まれた、日本最北の味噌蔵こそ、トモエの味噌づくりの原点といえるのです。

@「北海道味噌の工場見学情報」

たまたま車で通り掛かって、何やら柔らかな美味しそうな香りが窓を閉め切っているのに香りました。

16021502.jpg

味噌の材料をである大豆を煮ていたのでしょうか…。
   

スーパーで良く見かける安売りになるのはこちら?



本州のお友達が毎年スーパーで大量にご購入される一品です。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0