詩とメルヘン

「詩とメルヘン」なんて、まったく興味のない方が多いでしょう。
しかし、好きな方は居るもので(自分)古いものも欲しくなりました。

先日、「詩とメルヘン」 ~創刊号~ を書きましたが、「やなせたかし」さんの生き様と言いますか、後に「アンパンマン」が大ブレークするのですが、その前身?の「怪傑あんぱんまん」の記憶は、この詩とメルヘンからはじまります。

「葉祥明」「おおた慶文」「内田新哉」…。今でも大好きな作家たちも大きな関わりがあります。
そんな時の流れを知るために、ヤフオクでポチっとしました。



初期の「詩とメルヘン」はなかなか購入することができません。
30年以上も前の本を、すべて揃えるなんて気が遠くなりそうですが、思い入れは強いです。

16030302.jpg

状態の悪いものもありますが、それでも「Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン」で「可」にするには忍びないレベルの本ばかりでした。

ふと、「詩とメルヘン」専門のブログなんかがあっても良いのではと…。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0